戻る     進む  
 
制作作日記
2024年1月~12月31日分まで
ご意見、ご感想はこちらへ
画像投稿もOKです。
JPEG・GIF形式でお願いします。
解像度は200dpi程度が適当です。
匿名メール質問にはお答えできません。
住所・本名をお知らせください。
メール
交流サイトに投稿もできます! 
→ 雑銭掲示板Ⅱ
→ 雑銭掲示板アーカイブ
→ 2023年の記事へ
長郭手不知小字長人偏(次鋳)
新寛永通寶分類譜 古寛永基礎分類譜 赤錆の館
天保銭の小部屋 文久永寶の細道
 
制作日記バックナンバー   
2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年
2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年 2022年 2023年
 
分類目次( INDEX)
更新略歴 古銭用語の基礎知識   逆引き新寛永事典   逆引き古寛永事典 逆引き天保銭事典
制作日記   2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013
2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021 2022 2023
新寛永通寶 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30          
古寛永通寶 10 11 12 13 14 15 16 17
寛永鉄銭   石巻銭母銭聚泉譜   南部藩母銭聚泉譜
天保通寶 天保銭極印図鑑    天保通寶覆輪刔輪マニアック講座
文久永寶   美星倶楽部   奇品館 秘宝館   番外随想掘出物の記憶 
新寛永通寶
拡大画像サーフイン
 
10 11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24 25 26  27            
貨幣クローズアップ寛永通寶      密鋳銅一文の観察箱   天保通寶銘品館
銭の細道大量見聞録     おたずねもの集    穴の細道/新寛永編 
錯笵銭物語  贋作者列伝   泉家・収集家覚書   泉書探訪   改造銭物産展
密鋳四文銭タイプ別研究分類 江刺銭の細分類研究譜   H氏密鋳銭コレクションBOX 
特別展示室1 特別展示室2   春の古泉会展示室  文銭入門講座/基礎の基礎
夏の古泉会展示室    H氏天保銭秘蔵録     踏潰銭分類考   密鋳銭アラカルト
特集記事 
新寛永色見本 白銅銭について 母銭について   面背逆製の寛永通寶  撰銭の達人 現る!!  
翁草に記述された鋳銭の様子 短尾寛方冠寶通用銭の発見 正字背文 寛上削輪 について
そっくりさん集合! 1 そっくりさん集合! 2 そっくりさん集合! 3    そっくりさん集合! 4
類似銭の書体比較   浄法寺銭の金属分析 入札とオークション 細縁と濶縁について  
島屋文小頭通細縁について すごい!中字背文跳永 すごい!細字勇文 毛利家手本銭ギャラリー
古銭みちしるべ 縮字背文(裕文)深冠寛 幻の寛永通寶明和期離用通面刔輪背削波
島銭様の寛永通寶 祝 新発見!深字背太一文跳永 退点文の超大型銭(廃棄母銭)
白い文政小字 新発見?会津勇文手短貝寶 伏見手破寛(次鋳)について   正字背勁文円頭辵
深字背文破寛本体と手替り 新発見 勁文短尾寛鋳浚い母銭 元文期背正佐異爪寛について
ひみつ
 
八厘会(天保仙人様が主催する古銭会)
天保通寶の研究を中心に、各種泉談が満載の会です。

例会日:原則として8月・12月を除く毎月第4土曜日
 
12:00 開場・受付
12:30 『楽笑会』骨董美術何でもオークション
14:00 『八厘会』天保通寶研究など
15:00 盆回し式入札会
16:30 終了(後片付け)
会費:500円(大学生以上の男性のみ。付添者は無料)
電話:090-4173-7728(事務局 日馬)
東京駅地下1F「八重洲中央口改札」→八重洲地下街突き当り右「24番出口」へ →
→ 左側「銀座・京橋・中央通り」階段上がる(地上へ)→ しばらく歩き「久安橋」を渡る
→ 「久安橋」を渡ったすぐ右手にある「麺屋一(はじめ)」のビルの3階が会場です。
※八重洲中央口改札からほぼまっすぐ徒歩12~14分のイメージです。

会場住所:東京都中央区八丁堀2丁目1-2 
    「八丁堀水澤ビル」3階 コンビニエンス・スタジオ「サムシン」 

 
Google
WWW を検索 このサイトを検索
 
貨幣そうだ!「貨幣」を読もう!
貨幣誌は戦前の東洋貨幣協会時代から続く、現存する最も古く、かつ権威ある貨幣収集愛好家団体です。貨幣収集趣味が衰退している昨今、生で勉強できる貴重な研究会場であるとともに、情報収集することもできる交流の場でもあると思います。かくいう私、会費は払ったものの、例会には参加したこともなく、果たして正式会員であるかどうかも分からない幽霊です。まあ、今でもこの情報誌が送られてくるから会員なんでしょうね。
日本の貨幣収集界が底辺を広げてもっと盛り上がってもらいたいので、その気のある方、私のように地方在住で仕事の関係で参加できない方も、情報収集アイテムとしてご参加・ご活用ください。
入会申し込み先
〒243-0413 神奈川県海老名市国分寺台1-15-14
日本貨幣協会事務局(副会長) 吉田守 ☎090-7839-4437
郵便振替00110-0-8563 日本貨幣協会 

※年会費は5000円だったと思います。この記事は勝手な応援広告なので必ずお問い合わせください。
       
古銭関係リンク
 
【メール投稿に関するお願い】
ウィルス駆除の過程で、保存していた過去メールを隔離状態にしました。そのため保存していたメールと添付データのかなりの部分が閲覧不能になり、投稿者の身元確認ができなくなりました。

つきましてはまことに恐れ入りますが私に直接メール投稿される場合につきましては
①住所
(必須)
②お名前
(必須)
③雑銭掲示板のニックネーム(任意)
④電話番号(任意)
⑤プロフィール(任意)
をメールに記入しお送りいただきますようお願い申し上げます。
身元確認ができないメールは過去に投稿歴があっても削除対象になることがあります。
なお、雑銭掲示板はより安全な媒体ですので、個人的な連絡以外は記事投稿はそちらにお願いいたします。 
 
 
→ 雑銭掲示板アーカイブ  
 
3月6日【ご無沙汰してしまいました】
不知銭と本座を見間違えて落札してしまったショックでしばらく古銭から心が離れてました。間違えた私が悪いのですので返品はしなかった・・・というより気力が萎えた。どうも気分がのらない。
うつ・・・だというと多分私の周りの人々は皆嘘だというでしょう。それだけ忙しいんですけどなんか気が乗らない。だから古銭の整理が全然できない。認知症???

さて、先月の続きについて書きます。
狭玉連玉寶異極印は寶下と當上に部分刔輪があって面白いのですが、あと一歩押しが足りません。それだけなら鋳写のB級天保なんですけど極印の桐葉脈が十字架型なんですね。完全に不知の極印です。合わせ技でA級とまではいかないB級+の品です。たしかに狭玉連玉寶ですけど、長郭は寶王と尓の前点がもともと接するので連玉寶はいらないかな。寶足が微妙に長いです。
真ん中も見事な異極印。久々に見たアスタリスク型。縦の直線に2本の線が斜めに交差する形。これらはもう桐じゃないですね・・・記号です。細縁で魚子地肌ですし、背の郭もずれてます。當のウ冠の右半分が下にずれているんですけどこれは鋳造上のエラーかな。小磨きがあるのが玉に瑕。残念。
最後の一枚は田路さん提供の覆輪。これはAクラスでいいかも。卵型の覆輪銭形が美しいです。
微妙に寶足も長いし、當上の輪との間隔も離れているので覆輪刔輪ですね。素朴な感じがします。
実はタジさん、もう一枚写真を送ってくださいました。本当は掲載したいんですけどー・・・古銭じゃないよ。お幸せに。
2089狭玉連玉寶異極印 20890異極印 侍古銭会 タジさん提供
長郭手覆輪
長径48.6㎜ 短径31.8㎜
銭文径41.2㎜ 重量20.7g
長径48.3㎜ 短径31.5㎜
銭文径41.2㎜ 重量20.8g
長径49.4㎜ 短径32.8㎜
銭文径40.8㎜
3月なんで決算だ、総会だで大忙しなんです。ついでに親父の面倒見も大変でようやく慣れてきました。デイサービスは年よりばかりだからつまらないとのたまわっておりましたが、何言ってんだ爺さん、お前の方がずっと年上だぞ・・・と思ってたら最近はデイサービスの日は朝3時から着がえて首からカメラぶら下げてます。 
来月からベトナムの高校を卒業したばかりの女の子を2人受け入れます。昨年から6人受けてます。そのうち2人に日本語レッスン中。今度の子たちは日本語学校に通わせます。
国によって個性は全然違いますね。中国(少数民族)、モンゴル、フィリピン、ミャンマー、ベトナム・・・まあ、勢いですね。中国の子は自己主張が強いイメージがあるけど少数民族出身なんでそれほどアクが強くない。モンゴル人は真面目で頑健です。誇り高く正義感も強いですね。フィリピン人はマイペース。仲良くなると何でも話してくれる。楽天主義で明るいから彼女にすると楽しいかも・・・でも振り回されるかな。ミャンマーの子は一人しか会っていないから良く分からないけど、今いる子はすごく頭がいい。天才と言っても過言じゃないし勉強好き。実は数学の博士課程に進んでいる才女。彼女の村は今は戦争状態一歩手前なんだそうで・・・本来ならば私のところにいるような人材じゃなかったはず。
ベトナムの子は・・競争心が強くよく言えば勤勉。悪く言えばずる賢くて利用できるものはすべて利用しようとしてきます。国際交流は大変です。人材いないからねえ・・・。今私の職場は外国人効果もあってものすごい勢いで若返っています。
 
2月13日【B級+の品々】
収集の落札品が届きました。収集家が一括放出しているものと思われ、下値は2000円からなので嬉しくなって全部買うつもりで応札。もちろんそんなことは夢なんですけど(落ちたら大変)5品GET。B級よりほんの少し上位の品ばかり・・・でもB級かなあ。
収集2028番は不知長郭手2000円で出ていた品。やや白銅質で、この手のものは大正期の後鋳品も見られるのですがこの品はいたってまじめな不知銭です。端的に申すと覆輪刔輪で張足寶の前駆銭だと思われます。拡大すると天上がわずかに刔輪され、文字周囲や輪際が斜めに彫られ、深淵風です。寶足も少し長く張足寶風。B級としてはかなり上位の品ですね。
2030番ははっきりした覆輪。面側は刔輪でやはり深淵風に地が傾斜します。面側の両サイドの刔輪が強く、背濶縁に見えますね。寶下に朱点が見えますので古い収集家のコレクションだった品だと思われます。
2031番は・・・計測するとどうも長郭そのもの。今年の初エラーですね。どう見ても覆輪に見える。
2028番 覆輪刔輪 2030 覆輪背濶縁 2031覆輪 → 本座長郭
長径48.21㎜ 短径31.65㎜
銭文径40.53㎜ 重量19.8g
長径49.05㎜ 短径32.11㎜
銭文径40.86㎜ 重量19.4g
長径49.4㎜ 短径32.5㎜
銭文径41.6㎜ 重量22.4g
 
1月17日【目の覚める画像】
鋳不足気味で磨輪された短尾寛にしか見えませんが、これがなんと短尾寛方冠寶だというから驚き。寶冠後部が垂直になっているだけでなく、永点が退かないという特徴があります。しかし微差ですね。よく見つけました。皆さんもお探しください。案外あるのかもしれません。

しばらく更新をさぼっていました。父と同居を始めて超寝不足に拍車がかかってます。父は時間の歯車が狂っているので9時には寝て、朝と間違えて午前2~5時頃には着替えて起きだします。TVを大音量で見始めたり、電気のスイッチをバンバン叩くので私も付き合うことがしばしば。スイッチにはこだわりがありオートスイッチも気になるのか消しにきます。しかしスイッチの場所が覚えられず、そもそも消さなくてもいいのに消そうとしてあちこち押すまくります。それで起きちゃうのですが、最近は気にしないようにしてますが、眠れない。
大腸検診に引っ掛かり明後日は日帰り手術です。ポリープ除去なんで簡単なんですけど、下剤2リットルがきつい。ついでに食事制限が昨日から始まってます。ソーメンばかり食べてます。
長郭手縮形銭(磨輪)美制
長径47.9㎜ 短径31.75㎜ 銭文径41.0㎜ 重量19.1g
長郭手縮形(再写し)
長径47.25㎜ 短径31.05㎜ 銭文径40.0㎜ 重量20.8g
【こちらはB級不知銭】
収集で落札してしまった品。縮形は何となく気になるので良い値を付けてしまいましたが・・・上は少々残念。表示されたサイズよりかなり大きかった。私の計測では長径は47.88㎜、出品では47.5㎜なのでう~んといったところ。銭文径は一度写しなので磨輪ですかね。たしかに美制で深背気味だけど名称とするほどじゃないかな。

下段は削字小様とされた品。こちらは間違いなく縮形です。形もいびつで細縁。削字とまでは言えませんがたしかに寶に刀が入ってますね。素朴なつくりでかわいいです。
 
1月16日【頂いた画像です!】
和泉斎様が30kgの4文銭の中から選り出したという明和期大頭通の母銭。鋳さらい原母ではないかというお話もありますが、現物を見ないと何とも言えません。ただし、私の場合は現物を見ても何も言えません。実力ないです。外径29.6㎜とのこと。

下の画像は関東のA様から頂戴した画像です。未発表の品なのでコメントは最低限に控えたいと思います。黄白銅質の色調が美しい・・・母銭ですね。

こちらはモトさんから頂戴した画像。仙台銭の次鋳銭ですが背に太陽と富士と思われる絵があります。銭座職人による戯作で縁起物(記念銭)でしょうとのこと。絵銭の類ながらこれは江戸時代の記念硬貨のようなものです。 
 
1月2日【今年もよろしくお願いします!】
また年が明けて一つ年を取ってしまいました。コロナが5類に分類されて経済が活性化して急に忙しくなりましたが、私の業界はまだ警戒が解けません。でも外に出ることはかなり増え、昨年はCCFやら銀座コインオークションにも久々に顔を出すことができました。
コロナで山歩きが本格化し、女房の件で引きこもってましたがちょっと稼働開始。引きこもりの中でゲームにのめりこむ羽目になりましたが、そろそろそれを引退する方法を考えなくてはと思っています。健康のため山歩きを活性化したいのです。古銭はその次なのですけどね。私生活で大きかったのは昨年末から認知症の父と同居を始めたこと。実はものすごいストレスでしてオークションに出かけたのもその反動。私は天邪鬼です。
年賀状には不知小字の長人偏と短人偏を並べてみました。長人偏は印刷したらかなり赤みが強くなってしまいました。短人偏はたぶん年賀状2度目の登板です。
年賀状に古銭の画像貼り付けるなんて相当変態だと思います。ただ、はがきが84円になったら年賀状やめちゃうかもしれませんね。大分減らしてもまだ150通以上書いてます。年賀状はある意味自分のアイデンテティを示すアイテムでもあるからなかなか思いきれない。
本日は私の一族が20人以上我が家に集まりました。一族としては大きいのですが、父という接点がなくなったらどうなるか・・・ちょっと不安です。
さて、和泉斎さん、関東のAさん、モトさんからいくつか面白い画像を頂戴しています。年賀状もまだ整理していません。それらの記事は次回掲載します。それでは今年もよろしく。

追伸 
父の検査に付き合っていたら、昨年自分も大腸の内視鏡検査する羽目になりました。1月下旬に2度目の検査とポリープ切除を行う予定です。12月の検査前3日は食事制限で素麺ばかり食べてました。1月もまたやるのか・・・下剤2リットルはきつい。健康第一ですね。
 
→ 2023年の記事へ
新寛永通寶分類譜 古寛永基礎分類譜 赤錆の館
天保銭の小部屋 文久永寶の細道