戻る     進む  
14.元文期 十万坪銭の類 元文元年(1736年) 江戸深川十万坪村 鋳造推定 
元文期のインフレ期にあわせ、色々な銭貨が割り当てられている。そのうち背十、輪十などの類は確実にこの銭籍にあると思われますが、元文4年から鉄銭に切り替えられた・・・という記録から見て、銭種がバラエティすぎることが気になります。ただし、この類に当てはめられた銭貨の書体はいずれも元文期を代表する虎の尾寛系の書体です。

書体などにより背十、輪十、含二水永、虎の尾寛、虎の尾寛小字に分類されます。
 
 
【元文期 十万坪銭 背十の類】 
背十                         【評価 2】
すべて母銭式であり、見本銭程度に終わったものと思われる。精巧なつくりだが内郭に仕上げがあるものを見ない。

※個人的には鉄銭の母銭というイメージがあります。銅色や制作から元文期とは違う感じがしますし、鉄銭のための試作品のような気がします。ただし、根拠はありません。
 
 
【元文期 十万坪銭 輪十の類】 【鉄銭あり →鉄銭の部】 
輪十鋳込                       【評価 8】
輪に丸に十字の鋳込みがある。母銭から鋳込まれているので形状は一定である。十字は小さい。永字左右の画の食い違いが激しい。以下のものは全て長爪寛、虎の尾寛の同じ書体です。
輪十後打                 【評価 9】
輪に十字の印が打ちつけられている。十字は母銭の段階でそれぞれ打たれているので、印の大きさや十字の方向はまちまちである。後打といっても母銭段階の打印後の鋳造品であるので、輪などの歪みは生じない。贋造品はその点で見分けられる。
輪十後打白銅銭              【評価 不明】
元文期十万坪銭は通常、茶褐色〜黒褐色のものが多いが、金属配合の関係から白銅質のものが存在する。掲示品は鈍い輝きを見せる白銅質銭で、磁石にすいつくことから鉄分が多量に含まれていることが分かる。
輪十後打削永                    【評価 8】
十万坪銭は文字の切れや鋳だまり、鋳不足によ変化が多い。削永は永フ画先端が切れるもの。文銭のように意図的加刀には思えず、深追いは?
輪十後打寛寄り              【評価 6】
刻印は手作業によるものらしく、場所が一定しない。掲示品は刻印が寛字側に偏ったもの。もう少し偏ると場替わり銭となる。
輪十後打通頭横打             【評価 4】
非常に微妙ながら、場替わりとするには実に惜しい位置。あと一歩で大珍品なのだが・・・少ないのは言うまでもないが、評価はさほど高くできないのが残念。
輪十後打場替通横             【評価 2】
刻印が通頭脇になってしまった場替わり品。エラー銭である。評価以上に少なく滅多に見られない珍銭である。
→ 特別展示室
輪十後打場替通下             【評価 1】
刻印が通下になったもの。ここまで偏るとエラー銭であることがはっきりする。評価以上に存在は少なく、入札などでは評価ランクが上昇してしまうことが多い。ただし、目立たないので雑銭から拾えることもある。偽造銭は通用銭に直接打印してあるため、銭体に歪みや打ち傷があるので注意。
→ 刻印銭の輪十(上棟銭)
輪十後打場替寶上             【評価 少】
寛上打というべき存在か?この手のものは評価の割りに市場に滅多に顔を出さない。また、贋作も実に多い。この品物は平成19年6月の駿河出品物。2ツ打の場替は平成17年の12月に入札に出ているが、通下以外の場替が市場に出たのは私が知る限り平成11年以来か?最近、通下の場替が立て続けて市場に出ているが、実数的には本当に稀・・・だと思う。
輪十後打二ツ打                   【評価 稀】
古くは双十と呼称された。非常に珍しく、評価はワンランク上かもしれない。2ツ打にも場替わりがあるが、滅多に目にすることもない大珍品である。
輪十後打二ツ打(場替)          【評価 稀】
滅多に目にすることもない大珍品の輪十二ツ打の場替、通上寶下打ち。図会においての評価はなぜか上掲場替の方が高い。贋作はともかく正品は評価以上に市場に登場しない。
無印                          【評価 10】
上記の無印銭。永字のフ画、く画の食い違いが大きい。寛爪大きく、寛尾はうねるがあまり高くは跳ねない。→ 類似書体の分類 
無印白銅銭                     【評価 5】
無印銭にはかなり色白のものがあり、掲示品はほぼ純白に近い色調のものである。評価は低いが存在は非常に少ない。
無印離爪寛                【評価 8】
寛爪が見画から切断されるもの。輪十にも同じ変化がある。
無印離爪寛白銅銭                 【評価 4】
離爪寛にも白銅銭が存在する。非常に少ない。
無印通上爪文                    【評価 9】
通上に爪文があるもの。十万坪銭にはこのような鋳だまりによる変化が非常に多い。母銭からの変化であると思われ、兄弟銭も多く鋳工のシークレットマークの可能性もある。ただしあくまでも鋳だまり変化であるので新種として大騒ぎするようなものではないと思う。存在は比較的多い。
輪十場替 贋作銭
無印は雑銭なので場替の贋作は多いと思います。
正規のものは刻印後打といっても、出来上がった通用銭に直接刻印を打つのではなく、母銭の段階で刻印を打ち、輪の歪みなどを修正した後で鋳造を行いますが、贋作銭は通用銭に直接刻印を打つため必ず銭体に歪みや打傷が生じています。また、正規のものは流通していますので、刻印の凸面は角張らず滑らかになっています。一方で刻印の谷の部分は流通の間に汚れや埃が付着し、銭体の地の色と同じに染まっているはずです。新しく刻印を打ったものは当然のことながらこの点も不自然になりやすいのです。ただし、贋作者はあらゆる手法をつかってこれらを隠そうとします。

上段のものは私もかなり迷いましたが、刻印の形状と面背の不自然なやすり目からNGとしました。銭体の歪みはほとんど感じられないのですが、ガラス板上に置くとかすかな歪みが見つかりました。刻印部分はざらついてやや角張り、刻印の形状も少し違います。
下段のものは刻印横の輪側面に砥石による修正が見られます。また背面は砥石で修正したようですが、修正し切れていません。また、刻印を打ちやすくするためか銭に焼きを入れています。刻印形状は浅く扁平です。
鑑定ポイント
@銭体、特に輪側と輪背面が歪んでいないか? → 打圧による変形とその修正痕跡を見る。
A輪横の丸みは自然なものか? → 修正による変形、未修正による歪み、不自然な修正痕はないか?
B刻印形状に不自然さはないか? → 全体の形、凹部分の色と形状、刻印の凸部は滑らかか?新しい傷はないか?
Cごまかしのやすり目、加工のための焼き、着色が入っていないか?
D銭径(内径)が縮んでいないか? → 鋳写し贋造を排除。

なお、この刻印銅銭はネット出品者からまとめて4枚購入したうちの2枚です。譲って戴いた方は正直な方でしたので、贋作の可能性を承知で購入に踏み切りました。馬鹿かもしれませんが、最近贋作の可能性があっても勉強のため購入することがあります。馬鹿ですね、馬鹿・・・、はい・・・。
※ちなみに銅銭以外に鉄銭も購入しましたが、こちらは全部セーフです。鉄銭の贋作はほとんどないと思いますが、私は贋作の疑いの強い(刻印が不自然な)輪十の鉄銭を持っています。
なお、真贋の判断は欲を捨てることに尽きます。欲しいものにとびついたり、自分の持っているものが贋作であって欲しくない思いがあるようではだめですね。私はまだまだだめですが・・・。
 
含二水永 虎の尾寛 について
いずれも元文期の代表的な書体ですが、十万坪銭とされた根拠が傍証のみなどでやや薄弱です。含二水永については輪十の刻印銭がわずかに一品だけ出現しているだけです。ただ、佐渡銭にも同じ書体が存在するため、比較的中央に近い炉において大量鋳造されたものである・・・とは推定できます。虎の尾寛については小川譜では平野新田銭に編入されているなど、かなり混乱しています。このうち虎の尾寛の本体については鉄銭の存在がありません。また、銅色変化が激しく、存在量の多さから比較的長い期間鋳造された可能性もあります。いずれにしても非常に謎の多い銭貨です。 
 
 
【元文期 十万坪銭 含二水永の類】  【鉄銭あり →鉄銭の部】
含二水永                 【評価 10】
永字の頭が右側に突き出す独特の書体。長爪寛、虎の尾寛ぶりも非常に目立つ。元文期佐渡銭含二水永の書体と全く同じであるが、鋳肌はきめ細かく、輪側のやすりがけも強くない。一般には磁性は強くないが、十万坪銭の白銅色は鉄分によるものらしく判定は微妙である。磁性、鋳肌、やすり目、銅質など総合的に判断する必要がある。
→ 類似書体の分類 
含二水永瑕永               【評価 7】
永柱が鋳切れて永頭と分離するもの。掲示品は銭径の小さい次鋳銭である。
白銅銭があるというが私はまだ実見の機会がない。
【元文期 十万坪銭 虎の尾寛の類】 
虎の尾寛                       【評価 10】
永尾が特に長く跳ねることから虎の尾寛と呼称される。元文期から寛保期にかけての代表書体。
→ 類似書体の分類 
虎の尾寛赤銅銭                   【評価 10】
虎の尾寛には銅替わりが多く、純赤のものも散見される。
虎の尾寛白銅銭              【評価 5】
虎の尾寛には白銅質のものも見られるが、これは非常に少ないと思う。また純白のものはまだ見ていない。
 
 
【元文期 十万坪銭 虎の尾寛小字の類】 【鉄銭あり →鉄銭の部】
虎の尾寛小字               【評価 10】
文字全体が細く、小さくなる。存在は非常に多い。
虎の尾寛小字白銅銭       【評価 7】
比較的よく見られるものだが、掲示品くらいの純白に近いものならば2〜3ランクくらい評価アップできる。
赤銅質のものも存在するというが、密鋳銭や火中変色でない赤銅質のものは私は未見である。
虎の尾寛小字(初鋳厚肉)  【評価 ?】
手にして違和感がある。大様で肉厚1.7o、銭重は5.2gもある。面側の鋳肌も通常銭と少し異なりきめ細かい感じはあるのだが、背や仕上げは一般銭のレベル。母銭のできそこないというより初鋳大様銭で良いと思うが・・・。
虎の尾寛小字(密鋳銭)
赤銅質で薄肉広穿、銭形もいびつ。おそらく密鋳銭だと思う。参考までに・・・。
戻る 次へ
拡大画像サーフィン
十万坪銭類の拡大図
背十 輪十鋳込 輪十後打  → 類似書体の分類 
含二水永 虎の尾寛 虎の尾寛小字
 
 
戻る 次のページへ