戻る   進む
 
4.佐渡銭(背佐銭) 

江戸時代、天領であった佐渡でも銭の鋳造の記録が残っています。その多くは背に佐の一字があり、佐渡鋳造を主張してくれていますが長期に渡って鋳銭事業が行われたため、なかには背佐字のないへそまがりもいるなど、各時代の代表的な書体がそろってとてもバラエティに富んでいます。
鋳銭事業は順調にいっていたとはけっして言えず、当初は立派な制作であった佐渡銭も時代を経るに従って粗末なものになってゆくことが伺えます。
なお、日光御用銭とされているものは、古くは徳川家の日光参拝のおりの鋳銭であるという伝説があるようですが、明確な根拠がなく書体が正徳期佐渡銭に酷似していることからこの一群に含めて掲示します。

書体により、正徳期御用銭、正徳期銭、享保期銭、元文期銭、鉄銭座銅銭、明和期銭に中分類されます。
 
【正徳期御用銭】
正徳期御用銭(母銭式)              【評価 稀】
直径が26.4oもあり、一文銭の域を超えている。制作も非常に丁寧であり、母銭としても使用できる仕上げである。
おそらく手本銭であると思われるが日光御用銭という名称捨てがたく正徳御用銭という名称に変えて研究を待つこととする。存在は非常に希少であるがたまに市場に姿を見せる。子銭式もあるというがさらに少ない。御用銭という名称と初心者でも特別なものと分かる風貌から人気は絶大である。
→ 四ツ宝銭 幻足寛
 
 
【正徳期 佐渡銭】 
正徳期背佐                     【評価 8】
書体は御用銭に非常によく似ていて、御用銭が手本銭であるという説を裏付けている。背の佐字は草書体。書体変化はなく、ごくごく
稀に白銅銭があるそうだが未確認である。通常の銅色は茶〜暗赤褐色が多い。上掲の御用銭と同じである。
 
 
【享保期 佐渡銭の類】
享保期背広佐                    【評価 9】
面文は寛文期亀戸銭の縮字勁文(または正徳期亀戸銭縮字無背)とほぼ同一で、通字用画に鋳切れがある。違いは背に行書体の佐の一字を置くことだが、かなりの美銭から制作の劣るものまで色々と存在する。広佐は佐字が輪と郭に接しており、袋部分が広く大きい。掲示品は直径が25.25oの大様銭でワンランク上の評価をしてもよいと思う。

→ 寛文期亀戸銭 縮字勁文
享保期背狭佐                    【評価 9】
広佐とほぼ同じだが、背佐の袋部分が狭く、背佐字もいく分小さくなっているもの。銅色は黄褐色〜淡褐色が多い。佐渡銭は銭径や制作にかなり差があり、粗銭も多い。掲示はほぼ最大級のもの。
享保期背狭佐欠尾寛                【評価 6】
欠尾寛は寛字の跳ねが加刀によって失われたもの。小変化だが探すとなるとなかなか見つからない。掲示品は次鋳の粗銭だがやっと入手できたものである。
享保期背縮佐                    【評価 9】
背佐が縦に縮み、輪と郭から離れる。掲示品はかなりの美銭だが、かなり作の劣るものも散見される。掲示品は直径25.4oある大様銭。評価はやはりワンランク以上あげても良いと思う。
享保期背縮佐垂冠宝            【評価 7】
寶字の冠の前垂れが垂直気味になる。そのため輪との間隔が広く空く。加刀による微細変化だが注意しだいで拾える。

民鋳背狭佐(不跳永)                【評価 7】
享保期佐渡銭のうち、永字が跳ねない制作の粗い一群が存在する。旧譜はこれらを民鋳として分類している。民間が鋳銭を請け負ったことは確かであり、これらが民鋳であろうことは納得のゆくところだが、粗雑な作は不跳永に限らず存在するため、どこまでが民間鋳でどこまでが官鋳なのか区別がつかない。そのため、ひとまず書体で明確に区別できる不跳永を分類し、民鋳とした・・・というのが本当のところである。広佐、縮佐も存在するが画像は省略する。
享保期背広佐初鋳最大様   【評価 ?】
外径25.75o
享保期背佐類は亀戸銭の縮字背勁文(刮去)を利用して作られていますので、おおぶりのものが散見されるのですが、ここまで大きいと本銭を超えたサイズですね。収集の入札で得た雑銭ですが、大きいことは良いことです。

本銭は郭内にやすりがあり特別な品の雰囲気があります。
 
 
【元文期 佐渡銭:背佐類】
元文期背正佐(大様)            【評価 4】
面文については元文期の代表的な書体の十万坪銭とほぼ同じだが、永柱が反り永字の跳ねが切り取られている。また、本炉銭を写しているためいく分文字が縮んでいるようである。背の佐字は行書体できっちりと郭上部に納まっている。
銅質は黒褐色〜白銅色で、磁性があるのが特徴。分類はこの点を踏まえて行うこと。

→ 元文期十万坪銭 
→ 元文期白目銭 十万坪手
元文期背正佐               【評価 5】
通常銭のサイズはこの程度ぐらいである。輪側には銭面と交わる方向に縦やすりがかかっている。
元文期背濶佐                    【評価 3】
背の佐の字が幅広く大きい。書体は元文期の代表的な書体の含二水永+長爪寛+虎の尾寛であるが、面の書体は萎縮しており寛尾はあまり長く尾を引かない。掲示は白銅銭である。もちろん永字は跳ねない。
元文期背断佐                    【評価 3】
背佐の袋部分下部の横引きが加刀を受けて底抜け状態になっているもの。
 
 
【元文期 佐渡銭:鉄銭座銅銭】
元文期鉄銭座銅銭                  【評価 少】
母銭に背佐鉄銭の母銭を応用して鋳造したもの。背佐は刮去されている。書体は元文期の代表的な書体の含二水永+虎の尾寛であるが、前掲のもの比べ文字も大きくのびのびしている。目立たないがかなりの珍銭である。
寛保期とする銭譜もあり、元文5年は元文末であるためその方が分類上はすっきりするのだが・・・。

→ 類似書体の分類 
元文期鉄銭座銅銭 背広郭             【評価 少】
背郭が通常銭より広くなる。存在は通常銭より少ないが認知されていないため、通常銭として購入できることがある。これもそうやって手に入れたもの。背郭の広がりは鋳型のずれによるものであろう。
参考)元文期鉄銭座銅銭 背広郭母銭

平成16年銀座コインオークションの目玉商品でした。市場初出品?であり160万円の落札価格がついていました。

(銀座コインオークションカタログから)
鉄銭座銅銭の面背逆製    【評価 少?】
母銭を砂笵に置くときに表裏逆置してしまったことによるエラー銭。本体銭がかなりの珍品でそのエラーであるから珍品中の珍品。おそらく存在数の単純比較だったら島屋文に勝るとも劣らない大珍品だと思う。ただし、状態はどうしても悪くなるので一般収集家受けしない面構えである。雑銭の面背逆製は、元価格の10倍以上はするのだし、本当なら【大珍】・・・と評価したいのだが、【少】だって怪しいかもしれない。

→ 面背逆製の寛永通寶
→ 錯笵銭物語
→ 特別展示室
 
 
【元文期 佐渡銭:含二水永無背の類】
佐渡含二水永(大様)       【評価 5 普通品は6】
面文は元文期十万坪銭の含二水永と同じであるが、磁性があり磁石に吸い付くので区別できる。永字形状が独特で、背正佐などと似ているが、永に跳ねがあること、背郭が大きいことで分類できる。輪側は銭面に対して縦方向のやすり目。

→ 類似書体の分類 
佐渡含二水永(磨輪)                【評価 7】
掲示品は銅色も黄色く、銭径も小さくて前の掲示品と全く別のものに思えるがやはり磁石に吸い付く。なかには極端に磨輪されたものもある。
佐渡含二水永(純白銅銭)             【評価 5】
画像では判りづらいがほぼ純白色の肌を持った寛永銭。納得ゆくものになかなか出会えない・・・と思っていたら磨輪銭はすでに保有していたという間抜けなお話。(最下段左から2番目の拡大画像が磨輪白銅銭である。)この大きさのものは磨輪銭より少ない。
 
【評価 不明】
左の拡大画像
?元文期佐渡銭背佐無背? ・・・ もどきたち
一部の銭譜には説明がありますが元文期佐渡銭背佐無背の正品はまだ見たことがありません。 
左側:背に鋳ざらったような跡があり、期待を持たせますが背郭が大きく含二水永の最大様のようです。
右側:背小郭で元文期佐渡銭背佐無背としたいところですが、かすかに佐の底部が残っています。刮去となれば新種確定なのですが・・・。今のところ濶佐のできそこないとしか評価できません。両銭とも永字の跳ね部分が確認できません。
 
 
【明和期佐渡銭の類】 
明和期背佐(大様)                  【評価 8】
元文期の書体に似ているが、文字の修飾が強く横広で寛尾は外側に跳ねる。制作は粗雑なものが多く、白銅質が通常である。掲示品は白銅大様の美品でワンランク上の評価をしても良いと思われる。
明和期背佐無背                   【評価 5】
背佐を刮去したもの。通常母銭を改造して母銭を鋳造したものらしく、内径はやや小さくなる。地味で制作も粗雑であるが、存在数は少ない。

→ 類似書体の分類 
 
廃棄母銭? 【元文期佐渡銭 鉄銭座銅銭】
廃棄母銭? 元文期佐渡銭            【評価 不明】
この書体のものはは本来は鉄銭であり、銅鋳は母銭のみです。しかし、風貌から見て母銭には見えません。
贋造の可能性もありますが、それにしては出来が悪すぎます。


郭内に仕上げ痕が残り、銭径も大きいのでやはり廃棄母銭の可能性があります。問題は文字の乱れですが火中変化ではないでしょうか?それとも出来が悪いから溶解されかけた?以上、現在の感想です。
 
 
戻る 次へ
拡大画像サーフィン
佐渡銭類の拡大図
御用銭 正徳期背佐 享保期背佐 民鋳背佐
元文期背佐 含二水永 明和期背佐 鉄銭座銅銭
 
 
正徳大字背佐母銭(稟議銭)
平成25年のオークションネットに突如出現した大珍品。正徳佐の通常母銭として出品されていました。
これに気づいたのは2名だけ。私は当然のように見逃していました。書体の微妙な違いを感じて下さい。(寛冠・寛目・寶冠・寶後足が大きい)
しかし、このようなものがあるということは通用銭がひょっこり出てきたりして・・・。
参考)天明期佐渡銭 稟議銭背佐【評価 大珍】

稟議銭です。鉄銭が当たり前の時代に銅銭を鋳造する計画があったのでしょうか?

(平成17年銀座コインオークションカタログより)
 
戻る 次のページへ