戻る     進む  
 
ご意見、ご感想はこちらへ
画像投稿もOKです。
JPEG・GIF形式でお願いします。
解像度は200dpi程度が適当です。
匿名メール質問にはお答えできません。
住所・本名・電話番号をお知らせください。
メール
 
2017年1月~12月31日分まで
  → 2016年の記事へ

文久様正字手方泉處原品
 
新寛永通寶分類譜 古寛永基礎分類譜 赤錆の館
天保銭の小部屋 文久永寶の細道
 
制作日記バックナンバー   
2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年
2014年 2015年 2016年              
 
分類目次( INDEX)
更新略歴 古銭用語の基礎知識   逆引き新寛永事典   逆引き古寛永事典 逆引き天保銭事典
制作日記   2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013
2014 2015 2016              
新寛永通寶 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30          
古寛永通寶 10 11 12 13 14 15 16 17
寛永鉄銭   石巻銭母銭聚泉譜   南部藩母銭聚泉譜
天保通寶 天保銭極印図鑑    天保通寶覆輪刔輪マニアック講座
文久永寶   美星倶楽部   奇品館 秘宝館   番外随想掘出物の記憶 
新寛永通寶
拡大画像サーフイン
 
10 11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24 25 26  27            
貨幣クローズアップ寛永通寶      密鋳銅一文の観察箱
銭の細道大量見聞録     おたずねもの集 
錯笵銭物語  贋作者列伝   泉家・収集家覚書   泉書探訪   改造銭物産展
密鋳四文銭タイプ別研究分類 江刺銭の細分類研究譜   H氏密鋳銭コレクションBOX 
特別展示室1 特別展示室2   春の古泉会展示室  文銭入門講座 基礎の基礎
夏の古泉会展示室    H氏天保銭秘蔵録     踏潰銭分類考   密鋳銭アラカルト
特集記事 
新寛永色見本 白銅銭について 母銭について   面背逆製の寛永通寶  撰銭の達人 現る!!  
翁草に記述された鋳銭の様子 短尾寛方冠寶通用銭の発見 正字背文 寛上削輪 について
そっくりさん集合! 1 そっくりさん集合! 2 そっくりさん集合! 3    そっくりさん集合! 4
類似銭の書体比較   浄法寺銭の金属分析 入札とオークション 細縁と濶縁について  
島屋文小頭通細縁について すごい!中字背文跳永 すごい!細字勇文
古銭みちしるべ 縮字背文(裕文)深冠寛 幻の寛永通寶明和期離用通面刔輪背削波
島銭様の寛永通寶 祝 新発見!深字背太一文跳永 退点文の超大型銭(廃棄母銭)
白い文政小字 新発見?会津勇文手短貝寶 伏見手破寛(次鋳)について   正字背勁文円頭辵
深字背文破寛本体と手替り 新発見 勁文短尾寛鋳浚い母銭 元文期背正佐異爪寛について
ひみつ
譲ってください♡! 

天保銭 1977年~ 編集・発行 天保通寶研究会(天保堂:瓜生有伸)
11号、31~35号、60号以降
状態不問(記事が読めればOK) 1冊800円以上で購入します!

月刊 収集 書信館出版(株)
1979年 10月
1981年  8月
状態不問(記事が読めればOK) 1冊600円以上で購入します!

   
以下は収集誌に掲載されている記事からの転載(勝手な応援記事)です。
例会日や会場に変更がある場合もございますので事前にご確認ください!

八厘会(天保仙人が主催する古銭会)
天保通寶の研究を中心に、各種泉談が満載の会です。
例会日:原則として8月・12月を除く毎月第4土曜日
時間 :14:00~
会場 :新橋駅前ビル1号館9F会議室
会費 :500円(高校生以下無料)
電話 :090-4173-7728(事務局)
 
Google
WWW を検索 このサイトを検索
※このHPにはプログラムが組みこんであります。害のないものですがブラウザやセキュリティソフトによってはエラーが現れるかもしれません。不具合が頻発するようでしたら、ご連絡ください。
1.最新の情報が表示がされるように過去に蓄積したキャッシュデータを読み込まないようにプログラムしてあります。(制作日記・更新履歴)
その分、読み込み反応速度が遅くなりますが、ご容赦ください。
2.来訪者分析ツールを各ページに組み込んであります。いつ誰がどこから来て、通算で何回目の来訪か等の記録がされて行きます。
(NINJA ANALYZEの表示があります。)

一般銀行からゆうちょ銀行に振り込む方法

例えば (記号)12345 (番号)1235678 という番号だったら・・・・

①(記号)の先頭の数字に着目 1 または 0 のはずです。  → (記号)2345
②1なら●●8 0なら●●9 が支店番号になります。 → ●●
③(記号)の上から2桁・3桁目に着目 例の場合は → (記号)12345
④上の数字を●●に入れます。 → 238 これが支店名です。(にいさんはち)
⑤口座番号の末尾の数字を無視します。 → 1234567 これが口座番号。
⑥機械で振り込む場合、支店名の数字をひらがなに直す。たとえば018支店はゼロイチハチと読みます。
  パソコン検索もできます。
 
貨幣そうだ!「貨幣」を読もう!
貨幣誌は戦前の東洋貨幣協会時代から続く、現存する最も古く、かつ権威ある貨幣収集愛好家団体です。貨幣収集趣味が衰退している昨今、生で勉強できる貴重な研究会場であるとともに、情報収集することもできる交流の場でもあると思います。かくいう私、会費は払ったものの、例会には参加したこともなく、果たして正式会員であるかどうかも分からない幽霊です。まあ、今でもこの情報誌が送られてくるから会員なんでしょうね。
日本の貨幣収集界が底辺を広げてもっと盛り上がってもらいたいので、その気のある方、私のように地方在住で仕事の関係で参加できない方も、情報収集アイテムとしてご参加・ご活用ください。
入会申し込み先
〒164-0001 東京都中野区中野5-52-15 2F251
日本貨幣協会事務局 野崎茂雄(野崎コイン) ☎03-3389-5958
郵便振替00110-0-8563 日本貨幣協会 

※年会費は5000円だったと思います。この記事は勝手な応援広告なので必ずお問い合わせください。
 
 
 
第43回 日本コインオークション
開催日 :2017年4月9日(日)午前9:30~午後7時
場 所 :丸ビル7階(丸ビルホール)
お問合せ:(株)ダルマ ☎03-3447-5567
日本最古のコインオークションです。日本の穴銭はほとんど出てきませんが、昨年からなぜか私のところにもカタログを送付して下さるようになりました。せっかくですからご紹介します。出品内容は古代ヨーロッパの貨幣から近代外国コイン・メダルまで。個人的には古代ローマ・ギリシアの貨幣は手作り感にあふれていて好きですね。


日本コインオークションサイトへのリンク
 
毛利家手本錢ギャラリー(四国O氏提供)
四国のOさんから情報とともに手本錢の画像を沢山頂戴しました。コーナー掲示する前にひとまず制作日記に掲載します。ご協力ありがとうございました。※グリーンの解説文はO氏のメールを内容を生かし編集したものです。
1.2は他の銭座にも見られる鋳浚い銭で例のロット品からの拾い出しですが、この様な物でも(母銭として)使われてない手本銭と言うのか分かりませんが、他の銭座分は鋳浚い母銭とされていると思います。なお、長門銭では面の銭文が鋳浚いされた物は見た事がありません。削字された物でもその前の段階で鋳浚いされた物ばかりです。
※例のロット品とは小川青寶僂師の旧蔵品が関西方面の某氏に大量売却されたもの。その数は1000枚以上・・・そのうち700枚をO氏は購入されたようです。この話を聞く限り、O氏は日本でもっとも手本銭を観察された第一人者であると思います。(O氏が購入したときは異永類や異放し銭が売れてしまった後のものだったそうです。)
1.谷譜 奇永尖足寛
外径25.20㎜ 内径20.00㎜
2.谷譜 勁文本体系(小異)
外径25.40㎜ 内径19.95㎜


※鋳ざらい痕跡が放射状にも見えます。その他にも旋回上の痕跡もあるように見えます。非常に面白いサンプルで参考になりますね。
3~6は谷氏の「長門国鋳銭 永楽通寶と寛永通寶」「寛永通寳銭譜 古寛永之部上巻」ともに不載品です。
(勁文濶縁背広郭母銭は書体が似ていますが、銭径が大きいだけです。)古寛永泉志や平成古寛永銭譜、収集連載の「穴銭入門 寛永通宝・古寛永の部」などでも不載と思いますが久泉研究資料⑤のNo.240と同じ物と思います。ロット品から4枚出て来ましたが、初鋳品と次鋳品と思われる物が各2枚づつでした。銅質、面背の仕上げ状態、側面や内孔の四隅まで丁寧にヤスリ掛けも全て同じですので通用銭に持っていくのには無理があります。
勁文濶縁は「穴銭入門 寛永通宝・古寛永の部」に登載されていますが、同じ書体の通用銭が各銭譜に登載されています。「寛永通寳銭譜 古寛永之部上巻」では勁文濶縁背広郭子銭として、平成古寛永銭譜ではNo.1107で勁文濶縁として(但し、手本銭となっていますが原品は通用銭です。)久泉研究資料⑤ではNo.238の勁文背濶縁・広郭の小様銭としてです。この手の手本銭や母銭と言われる物は見た事がありません。濶縁との違いは寛目の二引が進む事と削頭尓が主なポイントですが永字や寳字の王画上部に微差があります。 
3.不載 勁文濶縁
外径25.20㎜ 内径19.70㎜
4.不載 勁文濶縁
外径25.20㎜ 内径19.50㎜
5.不載 勁文濶縁(次鋳)
外径24.70㎜ 内径19.20㎜
6.不載 勁文濶縁(次鋳)
外径24.70㎜ 内径19.20㎜
7は手本銭中から出て来た通用銭と思われる物です。内孔の仕上げなどは一般的な通用銭と変わりません。
7.谷譜 麗書浮冠長寶(通用式)
※一般的には書麗長足寶
外径24.85㎜ 内径19.40㎜
8と9は手本銭とバリ島からの里帰りの通用銭で、平成古寛永銭譜の原品で寛仙堂氏の蔵品です。寳足先端の鋳溜り形状は若干違いますが、他の共通点が大変多く親子の銭だと思います。子銭の方にポイントを図示して置きます。 
8.麗書長足寶寶連輪
外径25.25㎜ 内径19.90㎜
平成古寛永銭譜No.1049原品
9.麗書長足寶寶連輪磨輪
外径24.50㎜ 内径19.50㎜
平成古寛永銭譜No.1050原品
麗書長足寶寶連輪の特徴
 
 
5月26日 【島屋文の次鋳銭?】
関西のSさんから驚異の画像が届きました。(ありがとうございます。)まずは左の画像をご覧句ださい。島屋文小頭通と島屋文・・・両方とも選り出しです。上段の島屋文小頭通は数年前に選り出したものでこのコーナーにも一度出ているそうで、比較用。実は下段の品が今回の選り出しで問題の品なのです。スアナこそ開いていますがまず2枚目の選り出しと言うのもすごい。島屋文は生涯に1枚選り出せれば良いほどの品。ドラム缶一杯の寛永銭があっても出てこないと言われる品に生涯に2度も出会えるなんてすごいと思います。
さて、下段の島屋文を見て何か異変を感じませんか?小さいのです。外径24.75㎜、内径20.55㎜、背内径18.61㎜、重量3.08g。島屋文は25㎜以上あると私は思い込んでいましたし、久泉研究資料においても内径は20.7~65㎜なので小さい。その割に文字が大きく見えるのは磨輪されているのと比較対象が小頭通であるからなんですけど・・・あまり言われていませんが小頭通は本体錢より広穿で文字が小さいのです・・・実際に画像を並べてみると銭径は一回り小さい。(小頭通の外径は25.48㎜)そのためものすごく細縁に見えます。島屋文細縁の内径は21.2㎜前後なので、これは細縁錢ではないのですけど見ていると背文の形が広く見えてきた。
新寛永通寶図会に島屋文の広文磨輪と言うものが存在します。説明では内径が20.79㎜とありますのでそれとてこの画像の品より大きいのですけど、現段階ではそれに近いものと位置づけるしかないようです。あるいは島屋文細縁を母銭として生まれた次鋳銭なのかもしれません。
 
5月24日 【粗造極薄肉の天保】
侍古銭会のよねさんがネットで拾った天保銭。長径48.3㎜短径31.1㎜、重量がなんと12.89gしかないそうです。天保銭で厚さ2㎜未満、重量15g未満はかなり貴重でそうそう見つかるものではありません。間違いのない不知銭としては私の記録は重量で15.9g、粗造錢だと広郭手に1枚だけ12g台のものがあります。(全天保通寶中では南部の銅山手の11.7gが最軽量薄肉。恐らくこの記録は破られないと思います。)この天保通寶は書体も変形していて進頭通のように見え、かつ寶足も長く見えます。広穿ぷりも見事でなかなか楽しい品だと思います。
 
 
5月23日 【未使用の縮通】
これを見たとききれいだなあ・・・と思いました。出品名は進二天でしたけど、背の花押の形が違います。少し前に入札誌下町で同じように縮通が進二天で出ていたと思います。それだけ紛らわしいのですけど、それ以上にこの美しさに目を奪われました。ただ、さっそく四国のKさんからメールで確認が入りました。と、いう訳で今回は参戦見合わせ。和平交渉が成立し戦友が泉友になりました。その結果、無事Kさんが落札したみたいです。それにしてもこの色はまずない状態ですね。いやあ、うらやましい。
 
5月22日 【会津の母銭???】
最近、大騒ぎになった品の画像です。長径5.0cm、短径3.3cm、肉厚0.3cm、重量25.68gと記録しています。落札価格は41万円を超えていました。私は静観していました。側面がつるつるで気に入らないし、面が火を被ったように荒れていますし、仙人宅で拝見した品と雰囲気が全然違うし、何より価格的に手がとても出ない。大きさがcm表記なのに重さが小数点以下二けた表示なのも何か作為を感じてしまうのは臆病者だからでしょうか?一方で背の文字の繊細さはいかにも母銭。拡大画像も見ていますけど荒れていますが面側も母銭としてはぎりぎり合格の範疇の気がしています。と、いう訳で母銭かも知れませんが、画像ではこれ以上はわかりません。会津は無極印の大様通用銭もあるからですけど、通用銭にしては制作も違いますし、50㎜は超えることはまずありません。母銭が無極印と思っているのは本座の常識を覚えている方で、母銭保有発覚に備えて母銭にも極印を打つのは密鋳銭鋳造の常識。(ただし会津母銭は無極印だったかもしれません。)これに手を出せる方は勇気・男気・冒険心のある方で臆病風に吹かれている私には縁遠い品です。
 
5月21日 【元文期十万坪錢無印面背逆製】
2015年1月14日の制作日記にも記しましたが、私はかなりの面背逆製マニアです。その最高峰は佐渡鉄銭座銅銭の面背逆製。おそらく、この世に2枚と存在しないのではないかと思います。ただし、見栄えは最低ですね。昨日のきれいな画像とは全然違う。でもあばたもえくぼと言いまして、可愛いものなんですよ。十万坪無印の面背逆製は持っていたと思っていたのですが、記録表を見る限りは持っていなかったんですね。こいつはヤフオクで拾いました。ラッキーです。
 
5月20日 【未見品誌上交歓:含二水永瑕永母銭】
Iさんから久しぶりにお便りが来ました。(ありがとうございます)なんでも異動になったそうで、なかなか忙しく古銭どころではないようなのですが・・・ヤフオクで買った雑銭の中からこんなものがひょっこりと・・・。元文期の十万坪錢含二水永母銭・・・もう、この段階で強運でらっしゃるのですけど、よく見ると永頭が完全に柱から分離しているようで、いわゆる瑕永の母銭のようなのです。手替わり母銭でワンランクアップ・・・と思いきやこの瑕永母銭は図会などでも未見品とされているようで・・・(新発見・・・とはじめ書いていたのですが木田利喜男氏の寛永銭譜には掲載されていました。それでも貴重な品であることには間違いないようです。また、母銭が2枚あるということは銅母の上段階での変化と言うことになるのでしょうか?面白くなってきました。)
 
 
5月17日 【草点保】
5月12日の品ですけど鉄人が落札されたみたいです。私の密かな期待?に反してヒビもなく、間違いなく不知細郭手の名品の草点保(短用画通)だったようです。焼けていたように見えていたのはススの沈着のようで鉄人いわく焼けてただれたようには見えないとの事。こんなのがぽろっと出て来るのですからネットとはいえ侮れません。それにしてもあの画像で果敢に突っ込んでゆく勇気・・・私にはありません。やはり収まるべき人に収まったと考えるべきでしょう。おめでとうございます。
 
5月16日 【歹銭(たいちぇん)】
ものすごく拡大していますが実物は2cmもありません。当然浅彫りでスキャナー撮影しても拡大して調整しない限りはっきり写りませんでした。この画像は出品の元画像を加工したもの。陰でわかるように光源を横方向にもっていかないとこのようには写らないと思います。さて、安南寛永のうち、このように広穿で薄っぺらで小さいものを歹銭と言うそうです。別名満州寛永とか豆錢とかも称しますが、要は外国による私鋳銭なんですね。中国南部からベトナム(安南)あたりで作られたというのが真相のようなのですけど、果たしてこんなものが銭と通用したのかと思うほど貧相です。
歹(たい)とは肉をとった後の残りの骨の意味らしく、まあ、滓や屑の意味と思ってもそんなに違いはないようなのです。私に言わせればよくもまあこんなに小さいものが鋳造できたなと感心します。鋳物は小さいものを作る方が絶対難しいと思うのです。そういう意味ではものすごく先進的な技術だと思いますね。芸術です。
この歹銭、とても変わった書体で面白い。銭譜にないものです。安南寛永はまさに何でも有ですね。
 
5月14日 【感服しました!】
5月10日の制作日記を見ていたある方からこんなメールが・・・画像を見ていて『あれっ!ひょっとして!』と、思ったのですが面右側の輪上に在るのは『覆輪跡?』ではないですか?現物を見ないで断言は出来ませんが、ただの汚れに見えません。『覆輪跡』は90%は面側にしか出ません。長郭手には希に見ますが細郭手ではかなり稀少です。再度確認してください、解らない場合は現物をお見せください。・・・メールを読んでそんなはずはないよなあ・・・汚れだよねと思いながら画像を見ると画像の右上に変色部分がありました。「残念ながら変色です。」と返信してからもう一度現物を見ると・・・あれ?右横の輪にも何かがある・・・背中に冷や汗がタラリ。舐めるように観察したところかなり妖しい。「場所を間違えていました。もう一度確認します。」とメールを送り直して解像度を上げて撮影。すると面右側に確かに増金の痕跡ラインが数センチに渡って残っていました。いや~これはなかなか気が付かないレベルです。しかもこの不知銭、右側の輪の方が狭いのです。これは盲点でした。メールの主は天保仙人様でした。さすがです。
※仙人様いわく・・・『覆輪跡』は90%は面側にしか出ません・・・の理由については「面側の型取りにはとくに上質できめ細かい鋳砂(肌砂)が使われた」ことが大きいと思います。これに加え2015年の11月1日の制作日記に私なりの解釈が書いてありますので参考にしてください。
 
5月13日 【またまた密鋳銭】
私の今の収集ジャンルを問われたとしたら、密鋳銭と答えるのが一番的確かもしれません。天保銭も寛永銭も気に入ったら入手していますが、どちらかと言うと規格外の品に惹かれているのです。だって何かロマンがあるじゃないですか。安物買いの銭失いとはこのことで、将来的な展望があるわけではありません。結局は好きなんですよね、誰もわからないというところも魅力なんです。(変人?)

一番上は寛保期に大阪の高津で鋳造されたものを東北あたりで写したもの。赤黒い浄法寺銭の色でときどき見かけますが決して数は多くありません。気を付けなければいけないのは焼け銭も赤く発色しますので、総合的に判断しましょう。

中段は四ツ寶銭の俯頭辵を写したもの。細縁で外周が不整形であり背が夷縵になるタイプは良く見かけます。藤澤・吉田島銭の写しがこのタイプでは最多でしょう。

下段は俯永の写しですけど郭の仕上げの雰囲気が面白くて購入。ただし、ひろがった郭の加工は母銭段階ですでに行われていたものと思われます。密鋳銭にしてはしっかりした仕上げですので大きな銭座のものです。浄法寺系かと思いましたが背側が深くきれいなのが少々異なります。面浅彫背深彫でまるで面背逆製のような風貌です。
 
5月12日 【ネットから・・・】
ネット徘徊をしているとときどき「あれ?」と思うものに出会います。そういうものは最低価格で応札しておくことが多いのですけど、応札数が増えてくるとバレバレになってしまいます。これぞと思うものはウォッチリストに登録しておき、締切時間勝負にするのが本当なのでしょうけど、最近夜のウォーキングにはまっている私はそれができません。まあ、その作戦が取れたとしても臆病風に吹かれている身としては勝てませんけど。
ここに掲示している画像は最近ネット上で収集したもの。編集して見やすくしてありますが中には一見して判別困難なものもありました。

一番上の画像は6枚の組み物の中の一枚。拡大していますので画像が歪んでしまっていますが、元画像はこの3分の2ほどの大きさでした。ひと目文字の細さに気づきます。これだけで不知細郭手容弱とわかれば合格ですね。背側を拡大してみると花押のひげの先端が太くなっています。状態としてはいまいちかしら。発見した自分に拍手!

2番目は初心者にはなかなか見分けが難しいのですけど、画像がきれいなので見慣れてしまえば気づける品。組み物の中の1枚が不知銭だったのですけど、左右の天保銭の大きさがずいぶん違いますよね。よく見ると左の長郭は通頭が塞がっていて丸っこく、寳尓の点も長い。右側は本座細郭なので銭文径は41.2㎜ぐらいのはずですが、それに対して左は長郭なので、本座なら銭文径は41.7㎜前後のはずなのです。でも見た目にも小さいし、画像を加工して重ねてみても銭文径も小さいのです。寶足も微妙に長い。と、いうわけでこれは不知長郭手の覆輪刔輪縮形錢(高頭通)だということが分かります。

3段目の画像はさらに難易度があがっています。最近のカメラは広角撮影が可能なので画像の中央と端では見え方が異なり、端の方がゆがんで見えることがありますので慎重な見極めが必要です。この画像は中央に近い(左側の)天保銭の輪の幅がわずかに広く見えることから覆輪銭であろうことが判断できます。広角撮影の場合、左右の端のゆがみは強調されるものの上下サイズ変化は少ないのでこれも画像を重ねてみると・・・不知長郭手覆輪だろうと言うことになりました。

さて一番下の画像は原寸を1.5倍ほどに拡大していますが、ものすごく見づらくて小さかったもの。6枚の組み物の中の1枚でやたらきたなくて焼け銭にも見える天保銭でした。ただ、書体の変態ぶりがすごすぎて誰もが???と思ったことでしょう。これにお金を突っ込んでゆくか否かは勇気次第です。ものとしては間違いなさそうなのですが状態が全く不明ですから。
肝心な特徴は画像からは判断できませんが、背側の書体から不知細郭手の草点保であろうことは容易に想像できました。しかし・・・今までさんざん失敗してきた身としては今一つ突っ込んでゆけませんでした。ひびが入っているかも、焼け銭、贋作かも・・・・最近の私は臆病者なんですね。
かなり高騰しておりましたがそれでも超お買い得品だったのかもしれません。入手された方、ご連絡頂けましたら幸いです。
 
 
不知細郭手鋳写(覆輪存痕)
長径49.1㎜ 短径32.4㎜ 銭文径40.9㎜ 重量19.3g 
不知長郭手鋳写縮形
長径47.9㎜ 短径31.5㎜ 銭文径41.0㎜ 重量22.0g
5月10日 【B級天保不知銭】
ネットオークションなどで入手した不知銭が何枚か卓上に転がっています。将来売却するときに困るだろうなあ・・・と思いながら面白いのでつい拾ってしまいます。

上段の品は本座に酷似している細郭手。銅質が若干赤く、銭文径が小さい以外は画像ではほぼ本座と同じ。郭内の仕上げは本座より少し念入りで丁寧な感じがしますがそれとて決め手になりません。極印もそっくりです。覆輪もほとんど感じられません。ただし、鋳写した時の湯圧が弱く、全体的に陰起文気味で実物の郭は丸みを帯びて見えます。こういったものを雑銭から拾い出せるというのはかなりの実力者ですけど、画像より実物の方が違和感を感じることのできる不知銭の例でもあります。
※拡大してみると文字の周囲などに加刀痕跡が確認できます。

下段は48㎜をわずかに切る長郭手。縮形の天保は長径で48㎜、短径で32㎜を切るとかなり違和感を感じます。長径、短径とも1㎜は小さいですね。砂目も粒子が荒く面側は魚子地のようになっています。穿内のやすりもややべったり気味。銅質はやや黒っぽくなっていますが本座以上に練れが良い感じ。小さい割に重さはしっかりありますが手にしてとくに分厚い感じはしません。極印は破損してしまっていたのか小さくて形がはっきりしません。ネットで見かけたときは砂目が気になり、極印を確認したかったのですけどちょっと残念でした。書体については全く変化はないようですね。

つまらないものかもしれませんが2枚で14000円ほどですからやめられません。
 
5月9日 【仙台御用錢の錫母?】
ネットサーフィンで発見して画像だけ収集していたもの。大きさは27.1㎜とありました。仙台御用銭は新寛永の中では別格中の別格の存在。私はその風格や存在数から新寛永の横綱だと思っています。正規画像は木田利喜男氏が収集誌に寄稿した”貨幣クローズアップ寛永通寶”をご覧ください。
さて、この品はところどころにス穴が空いていて鋳不足気味。御用銭の精緻なつくりに比べるといまいちですね。それに元文期以前の錫母は崩壊現象をしていることがほとんど。この品の場合はス穴であって崩壊現象ではありません。と、なるとこれは古い収集家による鉛写しの類ではないかな・・・・と思う次第。確証はありませんのであしからず。
 
 
5月8日 【四国Kさんからのプレゼント】
四国のKさんから「多分こんなものお好きでしょう?」と送られてきた古寛永です。(ありがとうございます。)通頭が薄っぺらですからいわゆる称鳥越銭(実際は沓谷銭と言われています。)の写しのようです。赤くて小さくて薄っぺらで縁が虫食いで焼けているみたいで・・・本当に焼け銭かも知れません。
でも、好きですね・・・こういうものを観察して想像するのは。赤い鋳写は東北系のもの。きれいなものは少ないですよ。
 
 
5月6日 【コイン・コンベンションギャラリー】
東京国際コイン・コンベンションは4月28日から30日まで水天宮のロイヤルパークホテルで開催されていました。このホテルの支配人は私の大学時代の2級上の先輩のはずで、その懐かしさもあってぜひ行きたいと思っていて今年も前日まで行く気満々でした。しかし・・・女房方の一族が筍掘りに大挙してやってくることになり、断念せざるを得なくなりました。と、いうわけでHPは他人の褌で相撲をとらせていただくことに決め込みました。
上段は侍古銭会のたじさん念願の不知長郭手張足寶です。寶尓の後点が長く、寶足も伸びやかで典型的な覆輪刔輪銭ですね。たじさん、最近は本当に天保銭にはまっていらっしゃいますね。これを張足寶の基本銭として、たくさん集めてどんどん深みにはまってください。(合掌)
その下は曳尾狭天の細字です。所有者はやはり侍古銭会のたじさん。曳尾はなかなか美銭が少ないのですけど、これは文句なしの超美銭。このクラスは貴重品ですよ。まるで母銭みたいな繊細さです
3番目もたじさんの入手品。
ただし入手先はコンベンション会場ではなく骨董市だそうです。これは浄法寺系の盛岡小字ですね。浄法寺の盛岡小字には共通の特徴がみられます。たじさんが画像に示してくれましたが、私は通上の郭の瑕(通称:虫食い)を識別ポイントにしています。盛岡小字はなかなかの希少品なので、私の初めての入手品も浄法寺銭でした。極印の形からして工藤雑銭の櫂の分類では前期浄法寺銭に該当すると思われます。この極印の形、不知長郭手の中によく似たものを見たことがあるのですが果たして関係はあるか否か?
→ 天保銭極印図鑑
さて最後の品は鉄人が入手した不知長郭手覆輪強刔輪宏足寶。入手先は田宮商会さん。実はたじさんが来店する前に売れてしまったという幻の逸品はこれでした。長足寶系の中でもこの宏足寶はものすごく個性的で刔輪が強く、印象的なのです。購入価格を聞いて二度びっくり・・・この手の品としては格安だったと思います。背の花押の下角に穴の空いているタイプで、夏の古銭会展示室に解説してありますのでご覧ください。たじさん、残念でした。最近は穴銭を熱心に扱うお店が少なく、自然と田宮さんにこのような品が集まったのかもしれませんね。いやあ、行きたかったなあ。
※連休中どこにも行かなかったわけではなく、5月3日には領国~浅草~上野~秋葉原方面に行っています。ただし、妻と娘のリクエストであり、都内の移動はオール徒歩、・・・修行ですね。私は連休が取れない仕事なのでこれが精いっぱいです。余談ながら昨年末から始めたウォーキングは毎日平均6km以上歩いています。おかげで更新がまばらになりましたが健康と経済的には悪くないと思います。
 
 
4月29日 【秋田銀判の極印天保】
不知天保通寶分類譜に掲載されている拓図です。この原品と思しきものは2010年の東京国際コンベンションにおいて賞山堂さん(2011年閉店)のブースで見かけています。実によくできていたので食指が動きかけたのですが、かなり良い値段だったのであきらめた経緯があります。出来が良いのは当たり前で本物の秋田銀判の極印を使用したようなのです。いたずらの主については仙人様はご存知のようなのですけど、私も犯人を聞いたような気もしますが失念してしまいました。贋作の類に違いはないのですが、なかなかのアイデア作。賞山堂は閉店してしまいましたのでそのあとあの品物がどこに行ったのかはわかりません。そうなると贋作なのですが妙に気になって仕方がありません。今ネットで類品が出ていますよね。さてどうしようかな?
※国際コンベンションに行こうとしたら家族からNG.結局行けませんでした。残念です。
 
 
4月26日 【天保二題 その2】
東北のEさんからの投稿の2枚目です。Eさんの説明では・・・
50㎜を超える濶縁の広郭手で延展と思われ輪に鎚痕が確認できます。鎚痕は凹になっていますが砂目になっていいます。つまり砂目はこの銭ではなく母銭となるものを叩たあと鋳造した痕跡なのではないでしょうか・・・ということです。
いやあ~長径50㎜超は巨大。延展のものは総じて薄っぺらになりがちなのですが重量もたっぷりある。そのうえでコメントをあえてさせていただきますと、「叩いた痕跡に残る砂目」は鎚痕そのものだと思います。当時の鎚・・・仮に金鎚のようなものを想定しますと、それは鋳造ですから砂目のようなざらざらが残っても不思議ではありません。(拡大してみましたが鋳造砂目のような凸目ではなく打ち据えられた石目の凹目の感じです。)また、天保銭は鋳造後に砥ぎが行われます。研ぎが省略されると石ノ巻銭(室場錢)の鋳放し銭のような風貌になります。輪の周囲を見ると凸凹が残ります。不知銭の使命は目立ってはいけないのですからこれは不自然。したがって輪の凸凹は後天的なものだと判断できます。2016年の3月15日の記事にもありますが天保仙人も舌を巻くみごとな延展の作品もあります。
一方で上記の天保銭の濶縁の風貌は仙人が絶賛した戯作錢より自然に見えます。ただ50㎜超過はいかにも大きい、大きすぎます。銭文径からみてもこれは母銭の大きさ。でも風貌は通用銭ですね。廃棄母銭とするにも無理がありそう。叩いてここまで大きくしたのなら見事です。文字にもだれたところがほとんどない。4月7日の品もそうですが謎の品の一枚。不知銭としては当時の流通面では失格。ただ、大きいことは庶民には嫌われることはないかも。う~ん位置づけそのものが難しい。これは参った、お手上げです。肉厚がどれぐらいなのかを知りたいところです。
長径50.7㎜ 短径33.8㎜ 銭文径41.9㎜ 重量23.1g
 
4月25日 【天保二題 その1】
東北のEさんからの投稿記事です。(ありがとうございます。)仮称で不知長郭手塞頭通狭玉寶と名付けられたようですがEさん自身も感じているように不知天保通寶分類譜の狭玉寶類に雰囲気は似ているもののこれは別物だと思います。狭玉寶の類は総じて刔輪の陰起文気味のものが多いようです。陰起することで文字の端々が拓本に現れにくくなり、結果的に狭玉寶に見えるものが多いと思います。一方これは陰起文と言うより明らかに削字されています。これだけ書体変化しているのに覆輪刔輪的な雰囲気がほぼない・・・なんじゃこれの品です。
文字全体に削字が見られますがとくに通寶への加刀がすさまじい。異書と言っても過言ではないと思います。とくに通頭が大きく先端がとがって塞頭通であることや寶王の上下に加刀されて小貝寶・離貝寶になっている点は目立ちます。通頭だけでなく通用の右下の窓がろくろで丸く広げられていて、天の末尾も丸く折れて短く跳ねているように感じます。このような書体の変化は私は見たことがありません。一瞬スタリキじゃないかと思ってしまいましたが、それほど奇抜な変化です。少し前なら異書の名前をつけて終わりだったと思いますが、もう少し説明を加えてもよいと思います。じゃあ何がいいかと言うと・・・それが難しいですね。(センスないから。)狭玉寶とは言えないので、この名称は外した方が良いし、塞頭通の名称も有名不知銭と紛らわしいので少し変化させたほうが無難だと思います。例えば・・・
異書大尖頭通、削字尖塞頭通なんてのはどう?それとも新しく造語して骨字・骸字・朽字・嫋字・融字・熔字なんて頭につけたらどうですか・・・だめですか?
どなたかセンスの良い方アイデアをご提示ください。
長径48.4㎜ 短径31.8㎜ 銭文径40.8㎜ 重量21.1g
 
 
4月24日 【加護山写狭穿背小】
オークションネットの古銭入札誌第26号の唯一の落札品です。ヒビ入りとありましたので参考品として購入。価格はとても安いものの将来売ること考えたらこんなもの買ってはいけません・・・でも止まりません。うっすら背に小の字が見える密鋳銭です。
 
額輪母銭
外径24.9㎜ 内径20.3㎜
肉厚1.5㎜ 重量4.5g
額輪通用銭(すこぶる美銭)
外径24.2㎜ 内径20.0㎜
肉厚1.4㎜ 重量3.7g
4月23日 【額輪母銭】
いたずら気分で応札し、安価で落札できた額輪母銭が届きました。額輪母銭はちょっとした役物なのですけどなぜか市場でよく見かけます。初心の方がはじめて母銭を入手されるとしたら、明和期四文錢か鉄母銭、あるいはこの額輪母銭あたりがおすすめ。母銭と言うものの違いが実によくわかります。
手持ちの通用銭・・・こいつは本当に超美銭なんですけどね・・・とくらべても作りが全く違いますね。偉そうなことを書いていますが私は(母銭コレクターではないので)額輪の母銭は初入手。画像で比較しましたが内径も母銭の方が大きい。(右下画像参照)実物比較では材質がかなり違います。母銭は側面がろくろで仕上げられたように平滑で重量もしっかりある。ただ、手にしたときに金属としての冷たさや重さをあまり感じられずものすごく不思議な気がします。錫成分が多いためなのかもしれませんが、謎ですね。私自慢の額輪・・・もしかすると母銭のなりそこないかもしれないと思っていましたが、やはりものすごくきれいな通用銭でした。残念でしたが、このクラスの通用銭の入手の方が難しい気がします。
 
4月22日 【正字背爪文】
関西のSさんからのご投稿です。(ありがとうございます。)寛文期亀戸銭の正字背文・・・外径25.48㎜、内径20.46㎜、重量3.72g・・・少し小さめですけど穿内にやすり掛けのある母銭だそうです。たしかにきれいですね。しかも文の横引き筆始めが鋭く尖っています。その他に通用画の中柱の先端が陰起して干用通になっています。この手のもの、どこかで見たような気もするのですが思い出せません。どなたか類品をお持ちの方はいらっしゃいませんか?
※単純に爪文と名付けていますが、ツノ文とか尖り文なんて名前でも面白そうです。
 
4月21日 【天保銭の謎の木型】
侍古銭会のよねさんから頂戴した画像です。天保銭の張足寶の真っ黒な木型・・・背には「上」の文字が刻まれています。何に使用したのかは詳細は不明ですが印判であろうことは何となくわかります。それにしてもずいぶん奇抜な書体にしたものです。最初は泉譜を印刷するための印判かとも思ったのですが、普通は版木に直接彫りますし、あまりににも書体が変。まるで天保仙人様所有の縮字宏足寶みたいです。雄型なのでお菓子の型ではなさそうですしやはり印刷関連の型かなと思います。上は「こちらの方が上方向だよ」の印でしょうね。
 
 
4月20日 【寛保期高津錢の最大様】
オークションネットの古銭入札誌第26号において今回一押しの品でした。なんてことない細字背元の母銭なのですが大きさ表示が尋常ではない。思わず問合せをしてしまいました。なにせ直径が25㎜を超えていましたから。そうしたところノギス画像付きでメール返信があったのです。寛永方向で25.3㎜という数値が読み取れます。しかも鋳バリなどの影響がない部位です。これは大きい。寛保期高津銭は通用銭の大きさで24㎜を超えると大様の方で、通用銭で24.5㎜を超えるものは私は見たことがありません。
いづみ会譜や竹田譜に最大級母銭と思われる拓図が掲載されていますが、それとて大きさは25㎜あるかないかです。これは間違いなく高津錢のチャンピオン、間違いなく王様です。寛保期高津錢の細字母銭の通常サイズの相場は8000~12000円ぐらいですけどこれはその何倍もの価値はあると思います。
と、いう訳で色めき立ちましたが「しめしめ、この大きさの価値が分かるものはそんなにいないだろうな」とも考えました。そこで、市場価格の3倍+ほどの値段をつけてみたのですが落札価格はなんと10万円以上・・・さすがにぶっ飛びました。これは拍手ものです。私の付けた安すぎる価格の倍以上で完全に負け、私は足元にも及びませんでした。この価値が分かる強者がいたことに感動すら覚えます。それにしても病気ともいえる強気価格。すばらしい!
 
4月19日 【俯永面刔輪?】
海外から禄生禄さんの投稿です。(ありがとうございます。)俯永面刔輪と言うタイトルで、ひと目そんなものはないと思ったのですが、良くよく観察してみると寶冠と永柱の輪からの離れ加減がわずかに強い気がします。下の画像は比較用の俯永母銭で、内径を上の画像にほぼ合わせています。
画像がまっすぐでないので結論は出せませんが、このような変化に誰も過去気が付いていなかっただけかもしれません。鉄一文銭に亀戸大様と言う種類がありますが、大正年間の末に一挿しの通用銭が出現するまで、だれも亀戸大様に降通の書体があることに気が付かなかった先例もあります。
また、天保通寶の本座銭においても刔輪変化があり、とくに寶足の変化は様々。それを一種とすると分類は際限なくなるのであえて言及していないだけなのかもしれません。(類似カタログには例示はされています。)
天保仙人様は「本座銭にも刔輪銭はある。」とはっきりおっしゃっていました。2015年の4月15日の制作日記に掲載している細郭手は、銭文書体・やすり仕上げ・砂目・銅質は本座と変わらないものの輪際の刔輪が極端でその痕跡も残っています。歴代の収集家はこれを不知銭としていますが、こんな本座銭があってもおかしくない気もします。
さて画像の品に話を戻すと、微細変化に違いありませんが、それが偶然の鋳造変化なのかそれとも製作上の刔輪手法によるものなのかが確定できません。
これについてはHPをご覧の皆様から広く意見をお聞きしたいと思います。天保通寶のようによく観察するとありふれた変化なのかもしれません。
ただ、こういったことに気づける禄生禄の観察力は尊敬に値します。雑銭と言えども奥が深いですね・・・。
 
4月18日 【誤伝:丁銀の作り方?】
最近、ある雑誌にまた丁銀の誤った作り方が紹介、掲載されました。勘違いしていた方を別に批判をしているわけではありません。実は以前、私も間違えていましたから。ただ、この誤った伝承が古泉界に連綿と語り継がれることは何とか断ち切りたいと思っています。
2014年の9月の制作日記にも書いていますが、溶かした銀を熱湯の中に注ぐという工程が、過去にもいたるところで解説されています。右の図はボナンザ誌上に掲載された代表的な図ですが、業界の有識者も今でもこれを信じて疑わない方が多いようです。しかし、この行為・・・これは金属爆発(水蒸気爆発)を誘発する非常に危険な行為で、絶対再現はできません。(これが危ない行為だということは金属加工業者にとってはごくごく常識的なことなのだそうです。)
なんでこのような間違いが伝わっているかと言えば、昔は金属を溶かした流体の状態を、”湯”と称したので、「熱した湯を木箱に注いだ:湯次」と記述された行為がいつしか熱湯の中に溶かした金属を注いだことにすり替わってしまったようなのです。木箱は燃えてしまいますので溶解した銀の熱には耐えられませんから、当然中には断熱材的な何かが入れられていたと思われます。それはおそらく鋳砂であっただろうと天保仙人様は推定されています。鋳砂はガラス質の珪砂で耐熱性があり、そのほかに貴重な鋳砂を節約・補強するために小石や礫なども入れた可能性があります。そのうえで砂型の上に凹みをつけて銀を流したと考えるのが自然のようです。実はばさら日本史と言うサイトにニセ丁銀の作り方が掲載されています。恐らく独自に考えられてレプリカを作られたと思われるのですけど、偶然ながら製法としては一番合理的なものにたどり着いていると思います。なお、ここに記した作り方についても推定の域を超えませんので、他人に伝える場合はご注意ください。
※切銀などに見られる石目は鋳造時の鋳型に使用された小石や礫の痕跡だろうと仙人様は申していました。金てこを鋳造するとき、通常の鋳砂だけでは鋳型が重みに耐えられません。そこで鋳型作りに補強用の石や礫が必要になるのだそうです。昔の金てこにはそのため石目跡が残るのだそうです。
 
 
4月17日 【掘り出し物】
侍古錢会からのご報告です。同会のたじさんの知人(中部地方在住)が掘り出した不知天保銭の画像です。(携帯画像だったので強調加工しています。)見るからに美銭、そして寶足が気持ちよいほど長い。宏足寶系・・・それもかなり長く後足は肥足に変化しています。骨董市仲間ということで骨董市のどこかで発見したのか・・・一枚1000円の雑銭の中からの出現だということ。画像は斜めなのですけど横太りのような銭形にも見えますし、天上の刔輪もしっかりありそう。骨董市はあなどれません。良いものを見せて戴きました。
※この画像は侍古銭会に会員登録すると閲覧できるようになります。登録は簡単にできます。古銭に興味のある方は訪ねてみてください。
 
 
4月15日 【不思議な本座広郭】
関西のSさんからのご投稿です。ありがとうございます。随所に未使用色の残る本座広郭のようなのですが何か変。Sさんはこういう変なところににものすごく目鼻が利きます。実は色が違う部分は鋳浚われているようなのです。本座銭でも文字や輪の周囲が削られているものは散見されますがこれはちょっと違う感じ。さらに穿内には細かくやすりがかけられているそうで、これは改造母銭の可能性がかなり高い気がします。また、輪側面には鉛のような白い金属の溶けたような痕跡もところどころ残っているとか・・・覆輪の痕跡かもしれませんね。久留米正字の母銭は、ひょっとしたらこちらの方が源流なのかもしれません。私の知識では今のところ改造母銭の可能性・・・と言うところまでですけど、なかなか夢のある品だと思います。
 
 
4月13日 【享保の改革を斬る!】
徳川吉宗と聞くと享保の改革を断行した徳川中興の祖であり、紀州徳川家出身の暴れん坊将軍とか質素倹約とか米将軍のイメージが強いと思います。また、貨幣政策においては家康時代に戻した良質の金銀、銭をつくったと喧伝されています。
これについては2013年の6月27日と7月25日にも書いてありますが誤ったイメージだと思います。良貨復古は新井白石による政策であり、吉宗はそれを一時的に引き継いだだけ。後に新井を罷免しており、結果として元文の改鋳に踏み切っています。鉄銭発行を行ったのも吉宗でした。だいたい緊縮財政と良貨復古は家康信仰に基づくデフレ政策であり、短期的には改鋳の出目でもうかっても、長期的にはデフレ=米価格低迷=財政悪化を招くことになります。これは武家社会を徹底的に痛めつける結果になります。
新井白石がこの政策をとったのは、荻原重秀が行った超インフレ政策を鎮静化させるためと、改鋳利益で一時的な収益を得るためだったと思いますが、政策的には成功はしていません。吉宗が成功したのは、白石政策を否定した元文の改鋳の成功と新田開発、金銀の海外流出の抑制などによるもの。通貨供給量を多くすれば米価格はあがり、新田開発が進めばさらに幕府収入もあがるのです。
そのことが第28回東京国際コインコンベンションの送付資料に記されており、私は感心しました。この記述は経済原理からして正しいからです。教科書検定も変なところの指摘ばかりしていないで、歴史上の誤ったイメージ修正をしたらどうかなと思います。とかく日本人は質素倹約と言う言葉を美辞麗句として賛辞しますが、こと通貨政策においてはコントロールが重要なのです。
 
 
4月12日 【密鋳延尾永写】
4月8日の品と同時に出ていた品。こちらはほぼ無競争。価格的にも4文の1以下で落ちています。外径は魔輪されて22.3~22.6㎜しかないのですが重量は3.8gとしっかりあります。スキャンしたら白っぽく写ってしまいましたが実物は浄法寺の赤茶に近い色。多分浄法寺系ですね。磨輪してから面の砥ぎをしていますので側面中央が一部凹んだようになっています。これは四ツ寶広衛写としたものと同じつくりです。興味深いですね。
→ 密鋳銅一文の観察箱
 
4月11日 【大和文庫から】
最新号の大和文庫に出ていた覆輪銭です。これだけしっかりした覆輪銭は久しぶりに見たと食指が動きましたが中途半端な応札となり負けてしまいました。これぐらいの価格で入手できればいいなあなんて思って入れたからですね。ちょっと圧延のような雰囲気もあるのですが画像では良い雰囲気です。このクラスの不知銭はなかなか入手が難しくなりました。

※ヤフオクに再出品されています。転売目的なのかと思うと悔しいので手が出ません。すっかり冷めてしまいました。
 
4月8日 【魅惑の密鋳一文銅錢】
密鋳一文銅錢は人気がない・・・と思っていたのですが、最近はどうも風向きが違ってきました。人気がない理由は
①見栄えがしない。
②圧倒的に数が少ない。
③分類が進まず、コレクションが増えずつまらない。
こんなところでしょうか?錯笵銭や絵銭寛永、安南寛永などをもダボハゼのように食らいついていた私もこの密鋳一文銭はなかなか集まらず分類するまでに至っていませんでした。それでも気に入ったものをポイポツ拾っているうちにある程度の形になってきています。そういう意味では密鋳一銅文錢は最後の宝の山じゃないかと思っておりましたが、前述の通り急に競争が激しくなりました。これは最近下町で秋田の故村上師の所蔵品が放出されたことがきっかけじゃないかと思っています。結構強気の値付けでしたが、希少であることに気づいていたコレクターども(注:私を含む)がここぞとばかり群がった次第。実際に集めてみるとわかるのですが、密鋳四文銅錢を10枚集められても一文錢にはとんと出会えません。割合的には20:1以下じゃないかしら?
さて画像の品は秋田銭写し(中字昴水かな?)の寛永銭。加護山写しあたりでしょうか?絶対負けないつもりでとんでもない価格を入れていたつもりだったのですが、鼻差で逆転されました。「え、あれで負けたの?」と信じられない結果でしたが、無駄遣いせずに済んだと諦めます。しかし、この銭の顔が魅力的だと思える方・・・かなりきています。
 
4月7日 【困った歪斜穿】
四国のKさんから贈られてきた品・・・広郭手の歪穿?ということでしたが、こいつは判断が難しい。解説前にまずは計測値をお伝えします。
長径49.3㎜、短径33.1㎜、銭文径41.4㎜、重量24.8g、地肌は波打っていて立体的にも歪んでいます。極印・・・穴ぼこ状に見えとても深い。制作は本座に近い。地肌は波打っているものの砂目はしっかり観察できます。もし、この天保の厚みがなければ、本座の火中変化で片付けられてしまいますが・・・24.8gはかなり分厚い。ただ、銭のゆがみは力学的な力が後天的に左下に加わったことも考えられます。
長郭手の歪斜穿の場合、銭文径の縮小と言う切り札がありました。一方この品は不知銭とするあと一つ何かが欲しい。銭文径が大きくて地金が波打っているのも火中の可能性を示唆するのでプラス要件にはあと一歩。ではこれは何か・・・この肉厚と穴ぼこ状の極印を見る限りはやはり不知銭とすべきなのかもしれませんが、まだ何か心に引っかかる気がします。皆様のご意見をお寄せください。
肉厚・重量 肉厚2.7~2.8㎜・24.8g、本座としてはいずれも規格外。
長径・短径 長径49.3㎜、短径33.1㎜ 長径は普通だが短径の33㎜超えは規格外。
銅質・制作 やや黄色みが強く荒れ気味だが本座と同じ。やすり目と砂目も本座とは矛盾がない。
銭文径 41.4㎜。不知銭としては大きく本座の規格よりわずかに大きい。火中品の可能性の一番の根拠。 
垂直方向の歪み 左側の波うちが激しく、地が背側に向かい凹んでいる。(背側は凸)砂目があるので力学的な変化ではなさそうだ。面側から見て左輪やや下と背の左輪中央部に力学的な瑕がある。これは歪みを修正しようとしたものかもしれない。よく見ると面背のいたるところに古い打ち瑕がある。
水平方向の歪み  面側から見て左側がせりあがるように歪み、完全に斜穿になっている。左下方向から右上方向に打ち据えたような瑕が輪側面に複数集中して見られる。
桐極印  形状ははっきりしないが、深く穴ぼこ状に打たれている。 
中間報告として:全体的な歪みが発生した後に輪に力が加わった(修正を後天的に試みた?)ように思えます。銭文径がやや大きく地が波打つことから焼けの可能性はありますがこの程度でこれほどの斜め方向のゆがみを起こすことは考え難い気がします。極印形状まで焼けで変化することもないと思います。火中でここまで歪むならもっと銭全体がただれると思われるからです。したがって不知銭としてもともと歪斜穿に歪んで鋳造された可能性が高くそれに後天的に物理的な力が加えられたものと考えます。火中変化の可能性は完全に払しょくできませんが、歪斜穿の不知品と判断するのが妥当だと思います。Kさん、いかがでしょうか?。
 
長門銭 正字様陰目寛 鋳放手本銭
外径26.4~25.8㎜ 重量3.3g
長門銭 奇永俯寛削字 手本銭
外径25.3㎜
 重量4.7g
4月5日 【毛利家手本銭が来た!】
四国の寛仙堂氏から購入した毛利家の手本錢が相次いで到着しました。正字様の手本銭はかなりの希少銭だと思われます。古寛永泉志の説明においてもその希少性がにおわされています。ただ、正字様、麗書の違いが悩ましい。個人的な印象ですけど、本来正字様は文字が接郭気味に離輪するもの。それは星文様の離郭気味の文字配置と好対照なのです。古寛永泉志の正字様本体はその刔輪の特徴があまりなくて正字様らしくないのです。では麗書かというと何か違います。寶の尓のバランスはこれは悪い。尓の横引きも仰いでいます。だからこれは正字様なんでしょうけどひと目100%の自信がないのが私の実力のなさですね。寛目の二引が俯すので本来は俯二寛とすべきなのですがなぜか陰目寛の名がついています。
大きさは見事です。タグには22.5.10という文字と購入価格らしき数字が記されてました。おそらく平成22年の5月に購入されたのでしょう。寛仙堂氏が平成古寛永銭譜を上梓したのが平成19年ですから、その3年後の入手と言うことかしら?
本来なら泉譜を飾る存在だったと思います。
下段は奇永の削字です。文字の崩れっぷりが可愛らしく、とくに寛全体が前のめりになっています。古寛永を学んだ頃、長門の削字少ないし面白いのでは絶対拾うべきものと考えていましたから、思わず飛びついてしまいました。条件反射です。重量の4.7gは実に立派な数字。ただ、この文字抜けじゃあこのままでは母銭にはできないと思います。これをどうやって仕上げたのでしょうか?
 
4月3日 【粗造天保左右楔形】
四国のKさんからのご投稿です。(ありがとうございます。)赤銅質の粗造天保なのですけど左右の厚みが全然違います。しかも鋳型は上下にずれているらしく、穿内に上下段差があるらしい。いわゆる張合わせ状態の制作です。この手のものは私も捻じれ形として発表しましたがここまで左右の厚み差はありませんでした。楔形の天保では上下なら1㎜以上の差異があるものも保有していますが、この天保は距離の短い左右において0.8㎜差を誇ります。しかも縮形錢で長径は47.75㎜だそうで、短径も31.2㎜しかないそうです。ちなみに左の肉厚は2.8㎜、右側は2㎜。蓼食う虫も好き好きと言いますが、なかなか味があって面白いと思いますよ。密鋳銭は楽しいですね。私は間違いなく蓼が大好きな虫ですから。
 
3月31日 【毛利家手本銭:長門正字様陰目寛】
古寛永は将来処分するときに苦労しそうだからあまり手を出してはいけない・・・と思いつつ手が止まりませんでした。しかも26㎜超過の鋳放し手本錢、それも正字様と聞いたら珍品を通り越して名品の誉れ高き品のはずなのです。長門の通用銭においても正字様はさほど多い存在ではないのですけど、地味な書体ですから人気はあまりありません。しかし、手本錢になると一番存在を聞かないのが広永様、次いで太細様、正字様、星文様の順でしょうか?
ID番号から寛仙堂氏の持ち物であろうと判断したのですが、こんなに立派な品なのに泉譜掲載がありません。普通なら目玉商品なのですけど・・・。玄友氏の泉譜を見るとよく似た拓影が目を惹きます。しかし確証がつかめません。かくなる上は現物を入手し、確かめたい・・・と、言う訳で冒頭の結果とあいなりました。病気ですね。
 
3月28日 【仮称:正字背勁文狭フ永】
四国のKさんからのご投稿です。(感謝!)
普通の文銭に見えますが、永字のフ画の横画が失われていています。背の画像は省略しましたが勁文です。座の部分は残っているので偶然の産物なのかもしれませんが、変化としてはとても分かりやすいのでここに掲示して類品の出現を待つことにします。寛永銭の書体変化はたいていが偶然の鋳不足や異だまりばかりなのですけど、なぜか文銭については母銭の変化が良く見つかります。大量生産だったので鋳銭工がわざと目印を付けたのかもしれません。
同じ品をお持ちの方はメール連絡をお願いします。
 
 
3月26日 【趣味情報記事より:紀州藩の天保銭】
趣味情報の未収の号を入手しました。その昭和51年2月号の記事に注目すべき記述がありました。
”「安政以降江戸諸錢座見聞録」のなかには、種銭棟梁田中岩市による証言として「深川高橋座御用所跡にて紀州家が天保銭鋳造を企てたることを聞けり」とあります。これにより紀州和歌山藩では幕府の許可を得て、慶應3年8月15日より深川万年橋の邸内において天保銭が鋳造されたことが川田晋一氏の努力により判明しています。”
この記述のうち企画されたことは天保泉譜(伊勢陽譜)にも見られますが、実際に天保銭が許可され鋳造されたという川田氏のくだりは初めて聞きます。私の記憶が間違いなければ川田晋一氏とは日本貨幣協会の重鎮(元会長?)・大家・研究家にして金属加工関係の仕事もされている方じゃなかったかしら?(間違っていたらごめんなさい。)勢陽譜の序章部分に田中岩市氏の名前は見られ、証言当時南葛飾郡綾瀬村の住人にして小菅座、浅草橋場真崎銭座、常陸祝町銭座、小梅水戸藩邸座、深川会津藩邸座、深川藤堂邸座(津藩)などを転々とした寛永通寶・天保通寶の種銭職人のようです。当時の鋳銭職人は限られ、各藩の要請に応じてある程度自由に往来ができたようですけど、天保銭の密鋳は死罪・廃藩に値する重罪であったため秘密の漏洩はあってはならぬこと。おそらく上記の各藩は互いに友好関係にあり、かつ佐幕派であったと思われます。(上記の藩で天保銭を作ったのは水戸藩と会津藩。水戸藩は幕府の許諾がされていたらしく、会津藩も鋳造を黙認されていたと思われます。余談ながら津藩と会津藩の寛永銭・水戸藩と会津藩の天保銭に類似性が認められるのは種銭職人が同じだったからと言う考え方もできます。)
ただ、この記述は他の資料等では見たことがなく、紀州藩の天保銭についても未だに確定をみないことからあるいはこの説が現在では肯定されていないのかもしれませんが、かなり具体的な記述であり何らかの根拠があるのではと思う次第です。
なお、天保仙人様の仮説によると紀州藩の天保銭があるとすれば本座の母銭を流用した可能性があり、面反郭背含円郭・背反郭面含円郭の類が怪しいのではないかということです。
 
3月22日 【玉塚天保の包み紙】
厳密にいうと貨幣ではなく、絵銭の包み紙と言った方が良いと思うのですが・・・玉塚天保の異書がその包み紙とともにネットオークションに出現しました。包装紙などはほぼ捨てられる運命にあると思いますのでよくぞ残っていたものだと思います。私は古銭コレクター・・・それも江戸期の銅穴銭(通用銭)をメインにした収集なのですけど、泉譜に掲載されている関係でこの玉塚天保も何となく集めています。昔は玉塚天保など誰も興味を示さなかったのですけど収集の仕掛人のひとりは実は天保仙人様だったとか・・・。仙人様は月間天保銭誌上に玉塚天保の異書の発表をされていますし、天保堂瓜生有伸氏もこの玉塚天保のいわれについて詳しく記録を残しています。
ただ、玉塚天保の包み紙の実物画像ははじめてみました。応札したものの想定価格を大きく超えてしまい断念・残念・無念。こういった包み紙のことを良くカタカナで「タトウ」と書いてあるのですけど、外来語かと思いきや調べてみると立派な和語で、「畳包み:たとうづつみ」(または畳紙:たとうがみ)の略語らしいのです。要するに包装の包み紙ということ。ならばカタカナでなく平仮名もしくは漢字で書けばよいのになあと思います。
こんな包装紙をありがたがって大枚を支払うコレクターが多数出現するなど勤勉倹約を是とする玉塚氏はみじんも考えてはいなかったと思います。古銭の世界でこのような「タトウ」が珍重されるのはそれほどないでしょう。そういえばグリコ天保のタトウは天保仙人様がお持ちでした。私は付録の小冊子しか持っていませんが、そんなものを集める人間もそう多くはないかと思います。あとは日荷堂上棟記念銭のタトウが出てきたら珍しいですね。100年以上紙に包まれていた天保銭は極美品でした。
 
3月21日 【魅力的なメダル】
世の中には様々なコレクターがいらっしゃると思いますが、メダルは今一つ人気がないと思います。勲章のコレクターはときおり聞きますし、絵銭などはかなり深い人気があります。オリンピックやノーベル賞のメダルは集めようにも入手は難しいですし、かといってお土産に売られているようなメダルは権威がなさすぎ。海外ではスイスの射撃祭のような美術品的なメダルがあるのですけど、日本のメダルはなぜか地金以上の価値がついていない気がします。かくいう私も万博やオリンピックの記念メダルを死蔵しているだけ。宝の持ち腐れです。さて、画像はネットで見かけて画像だけ保存していたもの。オランダと幕府との友好関係を記念して1862年に関係者に配られたものらしい・・・というのは不覚にも私はこれについて何も記録をしていなかったので画像からの推定です。ときは文久年間で1862年はちょうど文久遣欧使節をヨーロッパに派遣した年です。Wikipediaによると「文久遣欧使節(第1回遣欧使節、開市開港延期交渉使節)は、江戸幕府がオランダ、フランス、イギリス、プロイセン、ポルトガルとの修好通商条約(1858年)で交わされた両港(新潟、兵庫)および両都(江戸、大坂)の開港開市延期交渉と、ロシアとの樺太国境画定交渉のため、文久元年(1862年)にヨーロッパに派遣した最初の使節団である。」とのこと。その記念メダルですから国家の威信をかけたつくり。しかも歴史的価値のある資料ですし、この出来栄えはまさに美術品です。これはメダルコレクターでなくても欲しい!果たしていったいいくらになったのでしょうか?
 
 
3月19日 【未発表投稿記事】
ここのところ年度末業務と日課としたのウォーキングに追われ、あまり更新していなかったので消化不良を起こしています。
関西のSさんからはちょっと変わった形の通上片千鳥。漫画のイルカのイラストみたいで可愛いですね。類品をお持ちの方、ぜひご一報をください。
侍古銭会のたじさんからはこんなメールを頂戴していました。
・・・秋田小様を譲ってくださった方から面白い寛永銭を見せていただきました。何の変てつもない背文・・・と思いきや、縁を囲むように”長之助 ◯◯町 元文五歳・・・”と毛彫りされていました。迷子札というそうです。「当時の親の子どもに対する愛情が伝わる」と話されていました。大半の古銭は手放してしまったようですが、これは手放さなかったようで・・・私もひとつ思い浮かびました。刻印上棟銭の類の掲示品の中で、よく意味の分からない寛永銭が1枚ありました。それは「大坂人情門?」のように毛彫りされています。うまく読めなかったのですが、人物名だとすると「大坂 久〇門」じゃないかと・・・改めて考え直しました。〇の部分は判読が厳しいのですけど「大坂 久衛門」じゃないかと思います。ただ、迷子札かどうかはわかりません。これじゃ、迷子になっても家には帰れないですから。あるいはお守り銭なのかしら?興味深いですね。
同じく侍古銭会のよねさんからも白銅質の曳尾入手の画像を頂戴しました。古銭を覚え始めの頃はまるでスポンジのようにいろいろなことを吸収できます。また、その頃は次から次に新しい古銭にも出会えます。まさに伸び盛りの楽しさ!・・・そうして私のように病気になってゆくのです。(合掌)でも、もっと白いものもあるんですよ・・・探してください。
鉄人からはこんなメール。
退寛は同離郭も含めて内郭をいじって製作した言われているもので珍しい製作方法を採っています。(中略)笹手永手退寛については妙にこだわりがあって10年程追い求めてきました。(中略)はっきりと分かる退寛は稀少で普通品で2~3万、美品で4~5万というところでしょうか。退寛離郭については古寛永銭誌の位付が甘すぎると思うくらいの珍銭だと思っています。人気がないから仕方ないですね。でも私はこの退寛が好きでたまりません。
と、要はこの分類には納得できない誤りが多いとのご指摘。言われてみて自分の判断が甘いことが良く分かった次第。背中に冷たいものが流れました。再勉強が必要です。左の画像は鉄人送付の間違いない退寛画像。通辵が必ず離郭します。削辵と言いますか削郭なんですね。
海外からは禄生禄さんからもいくつかの投稿がありました。なかでも画像の直永はなかなかの品。かなり前に中国の湖南省の長沙市に行ったとき、古銭の専門店があり、そこで陳列ケースの一番いいところに寶永通寶深冠がうやうやしく鎮座していたのを思い出します。そのときは記念に乾封泉寶を買い求めたのですけど、あの専門店は中国にしては珍しくイミテーション類はほとんどなかったと思います。手放してしまったのがものすごく残念。あれは絶対良い品であると今なら言える。北京から夜行列車で丸一日かかって着いた地でしたから思い出はたくさんあります。禄生禄さんはどうやってこれらの品を求めているのでしょうか?彼は最近かなり目が利くようになっています。(拍手!)まだまだ未発表の記事ありますが、本日はこんなところでお許しください。
 
 
不知細郭手覆輪強刔輪長足寶
長径49.7㎜ 短径33.1㎜ 銭文径40.6㎜ 重量20.8g
不知長郭手覆輪刔輪長足寶赤銅質
長径49.3㎜ 短径32.9㎜ 銭文径41.0㎜ 重量21.2g
不知長郭手覆輪異極印
48.5㎜ 短径31.9㎜ 銭文径41.0㎜ 重量20.4g
不知長郭手鋳写細縁異極印(四ツ目桐様)
48.0㎜ 短径31.5㎜ 銭文径40.9㎜ 重量20.1g
不知細郭手無極印
長径48.6㎜ 短径32.2㎜ 銭文径40.8㎜ 重量21.2g
3月15日 【工藤会長の天保】
雑銭の会の工藤会長が古銭を整理放出されています。体調がすぐれないということでの収集生活終了なのですけど、私と年齢がいくつも違わないので非常に残念です。
その放出品を私はせっせか購入しています。いずれは私も放出するときが来ると思いますが、おそらくそのときは二束三文になるだろうなあ・・・と思いながらなのですけど、お世話になりましたし何より私も古銭が好きなものですから・・・。

一番上のものは細郭手の中でとくに面背の刔輪が強いタイプ。銅色は本座とほぼ同じで製作もなかなかのもの。実は同じ品物をすでに保有していましたが、人助けと自らに言い訳をしながら応札してしまいました。評価的には
【少~稀】クラスでかなり貴重なものですね。

2枚目は古い古銭の収集家の朱書きが残る品。判読すると右側に「不知品」左側は「長郭覆輪刔輪長足珎」と読めます。(覆輪の文字は良く見えないのですけど表記の流れからそのように判断しました。)銅質は真っ赤とは言えませんがこの手のものとしてはかなり赤みが強いタイプで好感が持てます。こいつは一般の長足寶よりちょっと上の
【1~少】ランクでしょう。可愛い奴です。

続いてはやや白銅質の覆輪の長郭手。このタイプの写しは良く見かけますし、類品も保有しています。極印はぼんやりしていてよくわからない変形桐です。子細に見ると天上に部分刔輪らしきものも観察できますが特徴とすべきものではないかしら。こいつのランキングは
【2】程度かな?

その次は普通の鋳写し品。かなりの小様ですけど一度写しの品です。極印は片側だけ確認でき、四ツ目のような形。ただしこの形状は十文字状の桐極印が摩耗して葉脈が太くなると現れる形なのであまり高く評価はできません。ランキングは
【3~4】が妥当でしょうね。

最後の一枚は工藤氏からの分譲品ではなく、机の上に転がっていたもの。たぶん昨年の幣泉あたりの収穫品でしょう。
側面が平滑に磨かれていて穿内も強いやすり痕跡。文字の周囲に彫り込みがあり久留米と同じつくりです。
もし久留米銭を砥石加工したらこうなるかもしれないと思いながらも、自然な時代色があり現時点では不知銭とするしかないかなあ・・・と思う品。当時の品としては無極印というのはよほどの事情がない限り通貨としてはあり得ません。よほどの事情というのは明治維新にともなう混乱で、その頃に作られたと推定される会津藩銭や薩摩広郭には無極印のものが散見されます。ただ、これは例外ですね。不知銭は桐極印があるものの方が安心なのです。と、いう訳でこいつのランクは
【4】以下だと思います。側面の様子が今一つ気に入りません。

なお、なお、私が付けてるランキングは私の嗜好がかなり入っています。また評価は時代の変遷で大きく変化しますのであくまでも参考指標だとお考えください。
 
3月12日 【玉石混交の世界】
ネットでは実物に直接触れられることは落札しない限りありません。したがってとんでもない珍品が出現する裏では、幾千万の審議・疑問品が顔を出します。つい最近も盛岡小字もどきの広郭銭やら寶永通寶の直永母銭と言うふれこみもの(こいつも広郭)とか石ノ巻反玉寶らしきものなどが出ていました。真贋については皆様のご判断にお任せしますが、冷静に考えるとそこまで熱くなるようなものでないと思いますよ。最近はやりのスラブ入りのコインも真贋判定は???のようで、状態判定のみ信用できるといった方が良いかもしれません。
さて、そんな中で最近ちょっと目を惹いた画像です。ウォッチリストに入れ忘れ、さらに記録もしていなかったのでどんな出品名・金額だったのか今となっては全く分かりませんが、主観ではこれは良い感じがします。なんだ結局お前も勘が頼りなのか?・・・と言われれば恥ずかしながらその通りで、要は好きか嫌いかですね。もう一度思い出すと不知銭の母銭というふれ込みだったのかもしれません。背の出来が甘いのと文字の繊細さがいまいちなので、あるいは通用格下げ母銭なのかもしれません。(そのように書いてあったような気がします。)画像だと側面の仕上げがやや近代的な雰囲気もあるのですが、面背の感じは実に自然です。側面には極印のようなものが見えますが、極印がない母銭は本座の特徴で、極印があった方が発覚時に隠ぺいするためにも不知母銭の場合はむしろ自然なのです。けっこう強気の出品価格だったので、私ははなから諦めていましたが、どなかた結果をご存知の方、この銭の素性とともにお教えください。
ついでにもうひとつ。こちらは最近入手したB級品の不知長郭手です。なんら特徴がなさそうですけどよ~く観察すると天上刔輪らしきものがあるのです。同じような品は昨年の10月2日の制作日記にもあります。(刔輪と言うより、修正と言った方が良いレベルです。)しかも主葉脈が縦に一本あるだけの異極印です。長径48.4㎜、短径31.7㎜、銭文径41.1㎜、重量19.8g。
 
3月8日 【謎の寛永銭】
四国のKさんが雑銭として入手した中にまじっていた謎の寛永通寶です。ひとめ不旧手系のものとわかる書体。画像ではコ頭通にも見えますが実物はマ頭通ですからなおさらです。大きさは24.45㎜だそうで、不旧手としてはやや大ぶりです。実はほぼ同じ系統のものが穴銭入門寛永通宝新寛永銭の部の第2版には掲載されています。(新しいものには掲載されていません。)田中啓文の銭幣館蔵泉覚にも同様の品があります。穴銭入門寛永通宝新寛永銭の部の拓本は明治時代に活躍した養眞亭馬島杏雨の所蔵品だそうですけど、少し気になるのは彼の収集時代に寛永堂稲垣尚友の活躍が若干重なること。また、田中啓文はその拓本のメモ書きに「英山」とありますからおそらく佐野英山から購入したものと思われますが、野英山と言えば大古泉研究家にして日本初の古銭ブローカー・・・しかしその裏の顔は贋作のブローカーであったとも言われます。だからといってこの古銭がダメだという訳ではありません・・・ですけどちょっと心配な材料ですね。画像の品の見た目は母銭には見えませんが背の仕上げを見る限りかなり丁寧なつくりであることから、記念銭かいわゆる手本の類なのかもしれません。穴銭カタログ日本を開くと試作中途銭の中に「折二小様手彫母銭」として掲載がありました。
と、いうわけでこの古銭は彫母銭から通用銭サイズのものまであるだろうことが分かります。穴銭入門の拓本の径は24.2㎜程度ですけど穴カタの彫母の拓本は25㎜をはるかに超えますから、大きさもかなりバラツキがありそうです。
かくしてこれらの品の位置づけが全く分からなくなりました。いえることはかなり古い時代・・・少なくとも大正年間以前から存在していたであろうということ、名だたる古泉家が所有していたということだけです。本物だったら大珍品、贋作だったら寛永堂・古楽堂あたりの傑作か?そうだとしたら由緒正しい贋作品。最終判断は皆様の考え次第・・・不思議な古銭です。
 
 
3月5日 【仙台長足寶小様】
八厘会で侍古銭会のたじさんが入手した仙台長足寶小様の画像です。スマホ撮影なので全体が白っぽくぼやけて見えますが、実物はかなりの美銭だそうで、ご覧になる際はこれは銭の持つ魅力のオーラ、後光だとお思い下さい。たじさんはつい最近までは天保銭初心者だといっていたと思うのですが、今や全力疾走状態。秋田小様や南部銅山手などの上級品クラスを立て続けにGETしています。そして今回は仙台銭とまさにイケイケです。これらの収穫は人との良い出会いによって生まれているようで、彼には御仏のご加護がついているとしか思えません。(ついている?それとも憑いている?)
仙台長足寶小様は基本的な藩鋳銭とされながら不知銭の要素が満載で実に魅力たっぷりな品。広郭銭でありながら覆輪、刔輪手法がなされていて、それをごまかすためなのか寶足が長く伸びて天第一画が太く加工され、砂目にも特徴があり、しかも鋳ざらい痕跡もしっかり観察できる・・・まさにお手本、魅惑のデパートと言っても過言ではありません。
この長足寶には大様のものも存在し、この小様の母銭なのではないかとのうわさもしきりにあるのですけど、小規模鋳造の不知銭においては二度写しは良くあることで、大様=母銭というわけでは必ずしもないと思います。ただし、大様の方が圧倒的に存在が少ないのは間違いないようですから、お手持ちの品があればご確認ください。49.2㎜以上なら可能性大です。(郭左側に突起があるものが大様という泉譜もありますが、必ずしも突起があるわけではないようです。)
さて、画像の品は背のズレが非常に特徴的で、仙人様曰くその昔の大家の所有物だったらしいのですけど、手持ちの泉譜を調べても同様の品が確認できませんでした。どなたかこの品の出自をご存知の方、いらっしゃいましたら情報をご提供ください。
 
3月4日 【謎の錫母?】
四国のKさんから久々にメール。(ありがとうございます。)添付された画像を拝見したらなんじゃこれ!なる品ものでした。まあ、よくぞこんなものを拾い出したものでKさんの嗅覚には驚かされてばかりです。材質は錫か鉛と言ったところでしょうか?
この書体は古い寛永収集家なら一度は目にしたことがあると思います。新撰寛永泉譜後編には不知年代品「平永」として手彫り版木の図が載っていますし、國光泉会譜の掲載品として穴銭入門寛永通宝・新寛永の部にも第2版以前には掲載されています。(左下拓図)また、穴銭カタログ日本には試作中途銭の延尾永小字様母銭として紹介されています。これらの拓は田中啓文の銭幣館蔵泉覚に掲載されており、大正4年の夏に銅母銭として田中が購入した記録が残っています。したがって拓本の元になった品は現在日銀にあると思われます。拓本から推定すると大きさは24㎜未満であると思われますが、画像の品は大きさは24.25㎜あるということで、ずいぶんと大きいですね。ただ、肉眼で見る限りは輪幅が明らかに違うこともわかります。(どうやら拓本の縮尺が泉譜によって狂っているようで本当の大きさが分かりません。)
私は当初鉛で写した参考錢かと思っていましたが、違うかもしれません。錫母だったら世紀の大発見なのですが、果たして元文期の錫母が崩落も起こさずに残っていられるものかと言う点も気になります。結局、私は何一つ結論が出せなくなりました。右下の画像は平成22年の銀座コインオークションに出品された謎の原母銭。同一品ではないものの書風は非常に近いものがあります。実はこの品、日銀から流出したのではないか・・・と言うきな臭いうわさを聞いています。
皆さん、この品物をどう考えますか?少なくとも時代はかなり遡れそうです。錫母としては繊細さがいまいちのような気がしますが、大化けする可能性も秘めた品物であることは間違いなさそうです。
※左拓:穴銭入門寛永通宝・新寛永の部(第2版)國光泉会譜から転載したもの。
※右画像:平成22年銀座コインオークションカタログより
 
 
3月1日 【美しい母銭】
ネットで見つけて感心してしまいました。白目小字の母銭はものすごく希少で、私はほとんど見たことのない品です。しかし、これは美しい。地肌の砂目もきめ細かく、銅質も通用銭とは異なり特別な香りがします。昨年、千木永の母銭でものすごくきれいな品が出てきましたが、それに肩を居並べる銘品じゃないかしら。私は「母銭コレクターではない。」と自分に言い聞かせて自重しておりましたが、白銅銭好きとしては本当は喉から手が出るほど欲しい品でもあります。
 
2月28日 【天保仙人様からのお便り】
2月21日の記事に対して、仙人様から私考文としてご意見を頂戴したしました。(ありがとうございます。)以下は、その内容ですが、HP掲載用に2つ以上の資料を私がまとめつなげたものになっています。

秋田小様の郭部分の歪みについて鋳造から見た考察をお話し致します。このケースは鋳型に溶解した銅(湯)を注いだ直後に鋳型を平行に落としたためと考えられます。通常の天保銭の鋳込みは鋳型を立てて鋳込む方式です。この場合、鋳型を倒すと湯は倒れた方角に動くため全体的に歪みます、これを歪曲銭と呼んでいます。
ところで、鋳型が地面に対して平行に真っすぐに落とされた場合、中の湯は輪側・・・つまり外測に動くもの①と、中央の郭に向かって押し寄せるもの②とに分かれます。
①の場合は外側に向かうため(力が)広がって行き、圧力が分散するために外縁部分にはほとんど変化が起きませんが、②の方は湯が狭い部分に集中してゆくので圧力が増して、郭の部分に歪みが生じるのです。(外周部分には合わせ目があり、大きな鋳バリができるので、圧力が逃がされるとも考えられます。:浩泉丸加筆)これは50円白銅貨の内縁が歪んでいるのと同様です。
以前、「雑銭の会」のK会長が「南部銭は鋳込みの枚数が少ない」と話しており、著書に記していたはずです。
通常銭座が行う「立て(縦)鋳込み」は大量生産向きですが、鋳型を立てて(大量の湯を使用して一気に)鋳込むためにかなりの技術と広い作業場が必要で、鋳型の倒壊・破壊・金属爆発の危険性もあり、熟練工でなければ無理です。
横鋳込みでは鋳型は横に寝かせて置かれますので、熱いのを我慢できれば熟達していない素人でも出来ます。その際に誤って鋳型を落とすような衝撃を与えてしまい、今回の様な銭貨ができたと考えております。この鋳造手法は鋳型が小さく、倒れることがないので安全ながら、大量生産には向きません。天保銭なら一度に10枚位が限度でしょう。
立て鋳込みは鋳砂を踏み固めるので(型が緻密で)鋳バリが少ないのですが、横鋳込みは手作業で鋳砂を押し込むことが多いので、鋳型のあわせが甘く鋳バリが多く出ます。旧・石巻・反玉寳や南部(盛岡)浄法寺銭の鋳バリが凄いのはそのためです。

天保銭のヤスリは大きく2種類に分けられます。
①輪測用は起こしダガネで歯を起こします、現代の大根等のおろし金と同じ方法です。金属棒を起こしタガネで起こしていくと、切り口が広がる為に、後ろ側に反っていきます。天保銭の図解でヤスリが、弓なりに反っているのはそのためです。
②穿内用のヤスリは、金属棒にタガネで細かい傷(凹み)を多量に打ち込みます。形状は現在の洋式ヤスリに似ています。深く打ち込む訳では無いので、反りは無く真っすぐです。現代でも②の方は作って居られる方が台東区にいますが、①の方はいないようです。

鋳金技術から見た明確な考察ですね。参考になります。
 
 
2月22日 【日本の美:島屋文】
鳳凰山氏から収集3月号に島屋文の記事を寄稿されたと連絡が入りました。そういえばずいぶん前に予定稿を見せて下さった記憶がかすかにありますが、すっかり失念しておりました。収集の表紙に掲載された写真は色彩の再現性がいまいちですけど、原品は超々一級品ばかりです。鳳凰山氏の収集品はとにもかくにも状態の良い品が多く、うらやましい限り。宗教家らしく物腰も落ち着いており、知識もまた一級品。おそらく穴銭の世界において同世代でかなう相手はいないと思うのです。下の画像は収集誌上に掲載された拓本を拡大したものです。
肉眼で見ても細縁銭の文字はひとまわり大きく完全に別格です。舎人坊石川氏がこれら寛文期亀戸銭の細縁類を細縁大字と名付けたのもうなづけます。この細縁を磨輪された母銭じゃないかと公言しはじめたのはもしかすると私じゃないかとも思いあたりますが、通用銭のつくりの細縁も(島屋文以外には)あることから、確定という訳ではありません。
ただ、何品かの細縁を拝見した結果、母銭づくりのものか、銅質が通常の品とは違う・・・母銭質のものばかりで、鋳だまりなどで母銭から通用銭に格下げになったと思われる品もありました。寛文期亀戸銭は母銭管理がかなり厳格だったと見えて、納得できる完璧な母銭にはめったに出会えません。通常出会えるのは出来損ないによる”格下げ母銭”とさんざん使われた後に母銭としては使用できなくされた”廃棄母銭”。”あとは母銭かも知れない”大型の母銭もどき”がほとんどです。鳳凰山氏の島屋文細縁は欠点のない品であり、そういう意味からも貴重な品だと思います。
寛文期亀戸銭についてはおそらく錫母の黎明期であったと思われます。制作の統一性から見て錫母があったことはほぼ間違いない気がするのですが、大量生産のため母銭からの二番写しなども行われていたと思います。個人的な考えですけど錫母はは原母から写すだけでなく、錫母から錫母を作り、鼠算式に母銭を増やす役割をも持っていたと思うのです。錫は冷えて固まる時の縮小がほとんどないとはいえ、全くないわけではありません。したがって微妙に内径の違う母銭がいくつか存在するのは当然で、細縁銭はそんなごく初期の錫母銭から生まれたものとも考えられます。
ところで、私の所有する島屋小頭通細縁ですが、入手直後は金質が通常の品とは異なり、使い込まれた感じだし、穿内は滑らか仕上げだし、地の仕上げも漆仕上げみたいだし、それが表面にもかかっているみたいで違和感ありあり。もしかして贋作かも知れないなあ・・・と不安で方泉處に鑑定依頼を出したというのが真相です。そうしたら一転して大騒ぎになって返ってきましたからびっくり。違和感も多くの方が感じたようで、異論もかなりあったようですけど、その結果私はこの世界にのめり込むようになってしまいましたので果たしてよかったのか悪かったのか・・・。ただ、その後、島屋文細縁をいくつか観察できたことにより、こんなものがあってもおかしくないなと思えるようになりました。平成17年の銀座コインオークションに島屋文細縁の極美品(右画像)が出ていましたが、この品の地の仕上げも別格でしたね。品物そのものが別格と言ってよいかと思います。
※島屋文小頭通は通常の島屋文に比べてかなり広穿になっています。島屋文広穿と言っても過言ではないと思います。これは画像を重ねて比較していてずいぶん前の話になりますが気が付いたことです。ご参考までに・・・。
 
 
2月21日 【銭のゆがみ】
鉄人からお便りがありました。
『秋田小様がヤフオクに出ていまして、郭の辺りが凹凸になっている件なのですけど、寛永銭でも天保銭でも、銭の曲がり、歪みはどうして起こるのでしょうか。以前から疑問でした。半端な力では曲がるものではないのに曲がったものを良くみかけます。ウブだしの銭差しにおいても歪んだもの曲がったものをかなりの確率で見かけます。物理的にあり得ないのではと、いつも思ってしまいます。ギザ10円硬貨でもよっぽといたずらで曲げない限り曲がるものではありませんし、曲がったものも見かけません。経年変質、変化で変態するものだとも思えませんし故意に曲げたのではなくて、製造過程で曲がったのではと時々思っていました。秋田小様は良く歪んだ(凹凸)ものを見かけます。柔らかい銅質のせいなのでしょうか?それにしても簡単に曲げられるものではないと思っています。意図的に曲げる理由があるものなのでしょうか?』
・・・と、いう質問を考えていてふと思いついたことがあります。
仮説・・・通常、銭を鋳造したあとは、目戸切と言って直線的な細長い道具(やすり?:右下図)で穿内の鋳バリを1枚ずつ取り除く作業を行います。そのあと天保通寶の場合は1枚ずつ、寛永銭の場合はまとめて、仕上げ作業用の鉄の角棒に銭をさすのですけど、
鋳バリ除去を兼ねて四角錐の鉄棒を穿に強引に打ち込んだら・・・と、考えたのです。江戸時代におけるやすりは「和やすり:左図」であり、これは鋼鉄の細長い形状で、手作りのおろし金のように目立て金具で片側に目を一つ一つ立てることから反り返るように湾曲しているのが普通でした。この形状は金座銭座図(大日本貨幣史)にもはっきり描かれています。(和やすり現存皆無・再現不能の稀品です。)
一方目戸切に使用した道具がどんなものだったかは図版から想像するしかないのですが、火箸のような角錐の棒状に見えます。これは四方から目を切ることにより、本体の湾曲を防いだものではないかと推定していますが定かではありません。
しかしこれらは本座(金座)だからこそできたことであり、密鋳銭座では道具すら入手困難なはず・・・特に消耗品のやすりは貴重品だったと思います。当時は鋼鉄に目を刻むことは非常に難しく、やすりそのものが高価・・・秋田藩の領内においては鋳砂とやすりの調達に特に苦労したと何かの本で読んだ記憶があります。ですから、仮説は十分にあり得る気がします。(余談ながら目戸とは目処や目途とも書き、糸を通す針の穴・・・針孔・・・が語源のようです。転じて目戸は穴そのものを意味します。さらに余談になりますが、私の故郷では「けつめど」とは「尻の穴」を意味します。)
さて、仮説通りの作業が行われたとしたら、郭は凸凹状態に歪みやすくなります。そして鋳バリは背側に飛び出しやすくなります。それは粗砥石で削ったり、叩いてつぶして処理できます。画像の秋田小様を見るとなんとなくそういう気がしませんか?あるいは角錐を前後から打ち込むことで鋳バリを折り取ったのかもしれません。また、ひょっとすると、これがかの地で嵌郭技術が広まった理由なのかもしれませんね。この時代には、今のような金属やすりを作成する技術はありませんでしたから、仮説ながらけっこう理にかなっていると思います。なお、秋田小様に郭が歪んだものが多いとは鉄人のご指摘ですけど、実は加護山寛永の嵌郭類にもかなりそのようなものがあると思いませんか。すなわちこれは、秋田小様の工房=加護山寛永工房を証明するものになるのではと考えています。
さらに秋田小様には嵌郭のように見えるものが存在すると思います。これまた考え始めると実に面白い仮説になります。以上はあくまでも私個人の仮説・・・でもいい線行っている気がしがしています。妄想が膨らみました。
 
2月19日 【よろめき文銭写し】
鉄銭は苦手で嫌いだと言いながらなんとなく手を出して落としてしまいました。文銭の鉄写しなんですけど、背の文が見えるものはあまり見かけません。しかもこいつは文字が全体的に俯しているように見える変わりもの。文字がよろめいているようで可愛いじゃないですか。でもこれが好きだという私は、やはり世間一般では相当の変わり者と呼ばれるでしょうね。変わり者同士惹かれあうんですね。しかし、こんなものを作って果たして当時は採算が合ったのか・・・不思議です。
 
 
2月15日 【玉塚天保本座長郭異書】
初代玉塚榮次郎が謙虚な心と貯蓄奨励をうたい文句に天保銭主義をとなえ、普及活動を行った際の記念銭を玉塚天保と言います。メダル的なものですけど大量につくられたこと、玉塚が経済界の有名人であったこと、天保銭の収集家でもあったことなどからなぜか人気があるものです。極印には『天保銭は』『人の鏡』『吾が鏡』『玉塚榮次郎』『海運橋』『(山)石』などがあり、そのなかに異書と呼ばれる一風変わった書体もあります。玉塚は書家でもあったそうで、この異書が左右ともそろっているものは他の書体のものより少し少なく珍重されています。気を付けなければいけないのは『天保銭は』『人の鏡』のすべてが異書であること。『人の鏡』だけの異書は良くありますが、なぜかそれを異書とは呼びません。玉塚天保は画像のように文字に朱が入っているのが本来です。集める際は朱が入っているものをできるだけ選ぶようにしましょう。また、本座広郭以外に打たれたものは珍しいですから、お金に余裕があるのなら拾っておくことをお勧めします。
 
2月14日 【母銭狂騒曲】
ネットにはときどき母銭が出現します。はじめから母銭とうたっているものもありますが、ロット物の中にさらりと混じっているもの、意図的かなあ・・・と思われるものなど様々です。かつて秋田や福岡の母銭がネット出現した日には、仙人様から「頑張ればよかったのに・・・もったいなかったね」と言われてしまいましたが、残念ながら根性が続きません。本物に交じって贋作、変造品のようなもの、本物ながら瑕疵のあるものなど玉石混交の世界ですから、それがまた不鮮明な画像で妖しく微笑みかけてくるわけですから・・・。
実際にこう言った品が競り合いになると、目利き自慢がわさわさと襲いかかってきます。結局、最後はチキンレースになることが多く、濡れ手に粟などまず起こりません。さて、ごく最近もいくつか母銭らしきものがネットをにぎわせています。
長郭手の母銭は画像で見た瞬間に間違いないだろうと思えたもの。文字は繊細で背郭の周囲に加刀の痕跡も確認できました。母銭コレクターではない私は、天保母銭は本座広郭しか購入したことがありません。あとは母銭とは思わず購入したものが、通用母・改造母としてあと認定されたようなものだけ。長郭や細郭母は何度か見かけたことがありますがなかなか手が出ません。チャンス到来かと思いましたが皆さんよく見ています。広郭の母銭らしきものも出ていましたが、こちらは本物らしく見えましたが今一つ確証が持てませんでした。最近、母銭もどきの変造通用銭らしきものもときどき出ています。通用銭のきれいなものを磨いて極印を消し、艶を消して白っぽい色に仕上げると画像上では母銭のように見えてしまうのです。さらに加刀痕跡をも入れる業師もいますので要注意。また、偽物のように見える本物もありますからややこしい。失敗すると贋作者の高笑いが聞こえそうで・・・ああ、恐ろしい。まあ、本座の広郭母は入手できていますし、そんなに珍しいものじゃないからとパス。贋作も古色がつくとそれなりに見えますから。
画像の品の判断は皆様にお任せします。君子危うきに近寄らずか、虎穴に入らずんば虎児を得ずか・・・それとも毒食らわば皿まで?皆さん好きですね。 
 
2月13日 【美銭2題】
侍古銭会のよねさんとたじさんが相次いで入手品をご投稿くださいました。(ありがとうございます。)その中のとても目立った2枚を掲載します。上段はよねさんが入手した南部藩の大字です。先日、ヤフオクで銅山手を入手、その勢いでこちらも購入されたようです。いやあ、みごとな銭容です。南部藩銭は比較的入手しやすいのですけど、めったに美銭に出会ったことがないのです。銅色もまちまちで小字は黄色と赤銅色があり、銅山手は黄色~赤褐色、大字は赤銅色~黒紫褐色だと思うのですけど、この大字は見事なほど黄色いし、立派に見えます。作りもがっちりしていて、私所蔵の数少ない品に勝るとも劣らない品です。こういうものに出会えるのも泉運というものでしょう。これものすごく良いですね。背の花押が威張っているように見えてきました。
下段はたじさんのご投稿の入手品。これまた見事な秋田小様。サイズは長径47㎜、重量15.35gとベリーキュート。何より文字抜けが素晴らしい。秋田小様は特に背側の出来が悪いものが多く、出来の悪さもまた味わいと言い訳をしながら鑑賞しています。しかしこの品は面の抜けももちろん、背側もかなりしっかりと鋳出されています。郭もかなり立派です。
この秋田小様はたまたま骨董市で声をかけて下さった方が、分譲を持ちかけて下さったそうで、そんなにおいしい話はそうそう転がっていないと思うのですけど・・・転がっていましたねぇ。これはたじさんの日頃の行いが良いのか、修行のたまものか、とにかくかなり立派な秋田小様です。郭も太いし、何より美しい。声をかけて下さった紳士はたじさんのキラキラした目に心動かされたに違いありません。侍古銭会の二人はモテキが来たとしか思えませんね。
 
 
2月11日 【錯笵のメカニズム】
面背逆製は母銭を砂笵の上に裏返しに置くことで生まれます。砂笵の背側の方は工程を省くためあらかじめ踏み固められています。母銭の穿には型抜けをよくするため傾斜が付けられていますが、裏返しに置かれることにより、上からかぶせられる砂が穿の隅々までいきわたりづらくなります。その結果、空洞が生まれ、その空洞に鋳バリができて面側が狭穿の通用銭が生まれます。母銭を裏返しに置かなくても穿の中の砂が不足すると同じように円穿気味な通用銭ができますが、鋳バリの位置は背側に偏りますので面背逆製とは異なるつくりになります。
異物落下のメカニズムは、母銭の再押しつけによる錯笵(母銭を取り出そうとして失敗したもの)にも生じます。すなわち砂笵に母銭が強く押し付けられると、反作用で行き場を失った鋳砂が盛り上がります。隕石とクレーターの関係ですね。その結果凸模様の周囲に一見不自然な凹模様が現れます。この凹形状は落下以外にも横から母銭が鋳砂を押し出すような動きで割り込んできた場合にも生じます。右の画像はそのような錯笵に見えます。 
固められた砂笵の上で母銭が重なったケースです。
母銭は斜めに重なり、矢印の部分に隙間が生じやすくなります。鋳造するとそこに溶解した金属が流れ込みますので凸状の錯笵変化(肉厚になった部分)が生まれます。なお、母銭取り出しの時に砂笵をえぐるように傷つけ、なおかつ母銭を砂笵に押し付けた場合にも同じ形状が生じると考えられます。切断位置によって面側の重輪も生まれますが、そのためには切断部位を肉厚の部分にする必要がある上に、面側の錯笵は嫌われますので、あまり考えることができません。
 
一度砂笵の中で型どられた母銭が何らかの原因で飛び出して、再度砂笵に押し付けられて型どられたケースをも考えました。しかし、実際には空洞になった側が崩壊しやすくこのようには上手くいかないかも。可能性としてお考えください。空洞が崩壊した場合は面側の方が残されるかもしれません。ただし、飛び出した母銭による右側の型は(おそらくしっかり採られていないため)銭として見た目がかなり悪くなると思います。いずれにしても立体的な面背同時重輪は初めから意図的でない限り生まれてくる可能性は極めて低いと考えられるのです。(はじめから母銭を重ねて、その上から鋳砂を重ねてゆく手法。)だって、面と背に立体的に重なり形状が現れるとなると、笵の深さは上下2枚プラスで錢3枚に及ぶ訳でしょう?固められた砂笵の上で複数の母銭が傾きながら重なればそれでもできる可能性はあるのですけど、その場合は必ず凸変化の錯笵になるはずです。したがって凹変化は生じ難く、かつ鋳造乱れやムラも生じやすくなりますから、この手の錯笵であまりにきれいなものはあまり過熱しない方が良いかもしれません。 
 
 
2月10日 【反玉寶仕立て銭】
2月8日の記事に応えて、東北の某研究者から画像を頂戴しました。(ありがとうございます。)
2月8日の品の兄弟銭であろうとの事で、色調表現がうまくいっていない可能性もありますが、仕立て銭と未仕立て銭の風貌が全く異なることが印象的です。
この天保銭は地元の雑銭の中から発見したものだそうで大変貴重な資料だと思われます。なお、氏は小笠原白雲居の日記の原本をも見たことがある方で、白雲居がこの天保銭が室場で鋳造されたと考えるに至った証拠についてもご存知でした。(その写しをお持ちのようです。)要するに白雲居は銭座の経営者子孫の家を訪ねあて、その際に鋳放し天保銭を見せられてその出自を確認したようなのです。その日記を沢井氏が発見し、新渡戸仙岳氏の記録などと合わせて、室場鋳であることを発表したものと思われます。日記には古銭とは関係のないプライベートなことが記述されていたため、関係者から公開については断られた経緯もあったようなのです。
なお、当時の密鋳天保銭は栗林、浄法寺、室場の3銭座で作られていたそうで、それらには前期錢と後期錢があるようです。前期錢は大字、中字(銅山手)と小字であろうと考えられ、この長郭手の覆輪刔輪銭は後期錢だと推定されています。しかし、こんな立派な覆輪銭が雑銭から出てきた日にゃあ・・・古銭収集はやめられませんね。
 
2月8日 【鋳放反玉寶】
見ての通り反玉寶の鋳放し銭です。みごとだったのでネットで収集しました。通常は鋳放しというと、ありえないと贋作を疑うことからはじめるべきなのですが、反玉寶の類は正品であることが認められている数少ない品です。と、いうのも細縁に仕上げられたものが流通品の中でときどき発見されるからで、画像の品はその前段階の半製品という訳です。この品は今は室場鋳とされていますが、その昔は石ノ巻鋳とされていました。ただ、石ノ巻説は現地調査によりほぼ否定されていますし、室場説についても私が知る限りは確たる証拠が明示されていないままだと思います。もともとこの天保銭は大正のはじめに古銭商の木村昌古堂(木村昌二氏)が東北地方でまとまった状態で発見入手して東京に持ち込んだもの。鋳放しだったので警戒されてなかなか相手にされず、困った木村氏はそれを仕上げて(変造して)普通の不知銭として売ったという逸話が残っています。たしかにこのごつごつとしたゴジラのような顔つきを見れば、妖しいと思うのは無理ないと思います。これは鋳バリの処理と、面背の砥ぎが行われていないからで、私もこの顔つきは本能的に好きになれなかったのですが、その後、細縁銭を入手したことで、面砥ぎで風貌が全く変わってしまうことを知りました。(2015年3月15~16日の制作日記参照)
反玉寶には鋳放し銭、仕立て銭、仕立て細縁錢の3種が確認でき、なかでも仕立て銭はかなり希少のようです。細縁銭は地元では存在を知られていたようで、その再発見は反玉寶鋳放し銭の地位見直しのきっかけ→大ブームになったようです。(そのほかに王画に欠画のある瑕寶という細分類もあります。瑕寶の細縁はめったに見つからないそうです。)
さて、画像の品は湯口の残るもので時代を感じさせるものでもあります。この風貌のものは(あくまでも風聞からの理解ですけど)地元の郷土資料館にあったものと同一(もしくは類品)であり、それは黒いしみ(錫錆)が残るもののように聞いています。現在は室場とされていますが、依然謎が多く、(風貌から)浄法寺銭につながるものではないかという意見を東北の収集家から聞いたことがあり、私もそんな気がしています。(印象から受ける意見であり、根拠があるわけではありません。)
天保銭の場合は鋳放し状態では流通できるわけではなく、途中で仕上げ放棄されたのは製作途中でのっぴきならない事態になったのか、意図的にそうしたか・・・そのほうが有利と判断された・・・のいずれだと思います。反玉寶においては細縁銭が存在したので、はじめは流通を目的に作られたものとされていますが、もしかすると途中で事情が変わって、それから絵銭的なものとして作られるようになった可能性もあります。
天保通宝の場合、額面のまま通用させた場合鋳造による差益はかなりのものになります。討幕の際はそれが財源になっていたのは有名な話なのですけど、政権を奪取した政府軍は自分たちの過去の所業を隠した上で、政令で天保通宝の交換価値を地金価格までに落として、新たな革命のエネルギーの源泉にならないようにしたというのが実情なのでは?・・・幕末の鋳放し銭の存在理由は大方そんなところだと思います。
※余談ながら英泉こと秋田の故、村上師の研究分類譜には反玉寶は2品しか拓がなく、村上氏がこの銭についてあまり好きではなかったような印象を受け不安に思っておりましたが、秋田在住の村上氏は地理的に隣接する南部藩をライバル視していたようで、心理的にのめり込めなかったというお話を後に聞きました。 
 
2月6日 【鉄錯笵銭】
ネットで収集した錯笵銭(エラー銭)です。手作り鋳造貨幣である寛永通寶は近代銭に比べればエラーの発生率は高いと思いますが、では、いざ探すとなるとなかなか見つかりません。画像の品はネット応札していたのですが、仕事の関係上締め切り時間に間に合わずいずれも逃してしまったもの。大変残念です。
面背逆製の鉄4文錢は初めてと、言いたいのですが北秋田寛永通宝研究会の故、菅原氏の資料の中に1枚ありました。書体はたぶん仰寶でありふれていますし、錆だらけで汚いので市場価値がつくようなものではないと思いますけど、エラーとしては珍しいものですね。母銭を砂笵に置くときに裏表を間違えてしまったため、面側の仕上げが浅く背側が深くかたどられたもの。工程を省くため背側にあたる砂笵はあらかじめ踏み固められていますので、逆に置かれると面側が浅く、背側が深くくっきり鋳出されます。また、円穿になりやすいという特徴もあります。(参考資料として2015年1月14日と17日の制作日記および錯笵銭物語のコーナーなどををお読み頂けると幸いです。)もうひとつは万延期石ノ巻銭背千の
立体的に複数重なりになったもの。背だけの立体的な重なりはごくたまに見かけますが、面側にも同時発生しているものは初見です。砂笵を固め過ぎた場合、母銭がずれやすいと聞いていますが、片側だけでなく面背の両方がそれぞれが重なるというのは通常は起こりえない・・・というか、私はみじんも考えていませんでした。しかし、現実にあるから困ります。流通させるとなると単独ではまずだめで挿しに入れてどうか?
また、このケースにおいては1枚ごとに切り離すときに(肉厚になるので)困難を極めます。したがって画像の品も断面が打ち欠いたように不揃いになってます。と、いうのも鉄銭は硬いためやすりによる整形がかなり難しからで、そのため鉄銭は鋳バリが薄くなるように母銭の縁を薄くするござすれ加工を施していると考えられます。また、鉄銭づくりにおいては鉄を削るような硬いやすりを当時は作れなかったため、側面のやすり成形は省略されたようです。したがってこの錯笵銭は連なってできたものを手をかけて折り取ったもの・・・と理解できます。このようなものは初めから重ねられてつくられたと考える方が自然なのかもしれません。それは型どりがあまりに美しく乱れがないからという理由。錯笵銭物語に解説していますが、飛び出した母銭が偶然重なったものは、鋳砂と母銭とに隙間が生じやすくなります(つまり空洞ができる)ので、そこに銑鉄が流れ込んで盛り上がった部分が銭面に見られます。(画像左)
複数の母銭が重なったケース
一方、すでに型を採ったあとに母銭が再度押しつけたれた場合は反動で砂笵の一部が盛り上がりますから、その結果凹状の部分が銭と銭の間にできます。(画像右)いずれにしてもこういった多重輪の錯笵銭には凸か凹の変化がみられるのが普通なのです。
一度かたどられた後に再度
母銭が押し付けられたケース
ところがこの品は大変なクラッシュ状態なのに乱れがほとんど観察できていないのが不思議なのです。とくに背側は鋳造の際にはあらかじめ固く踏み固められています。仮に母銭同士が重なってかたどられたとしても、完璧にかたどられる可能性は低く、ムラが生じるのが普通なのです。この品は完璧すぎます。だからといって私にはこの品を完全に否定はできません。仙台銭には銭座職人が関与したと思われる絵銭が存在します。銭をつなげて並べて鍋敷きにしたもの・・・背千銭を複数重ねて2匹の海老側を描くように仕立てた絵銭『海老丸』・・・などもあります。これはあるいは絵銭としてつくられたものを切り取ったものなのかもしれませんし、銭座職人の戯作品なのかも知れません。
※立体多重輪写りの画像を子細に観察すると背側には凹らしき痕跡がわずかに見て取れました。これはかたどり終わった砂笵にあとから母銭が強く押し付けられたことを意味します。面側についてははっきりした痕跡が確認できませんでした。再考しましたが面側については砂笵は深くかたどられ、母銭はその型にはまった状態になるため、たとえ母銭が飛び出して重なってもこのように2枚が両方くっきり立体的に鋳出されることは考え難いと思います。とくに後ろ側にまわるほうは飛び出した母銭ということになりますので、埋まりが浅くなりやすいのでくっきりかたどられることは難しいはずなのです。
かたどった後の押しつけにしても立体的ということは普通の砂笵のかたどりの深さより深く・・・背側より深く・・・母銭が押し付けられなければなりません。面側は彫りがより深くなりますので、型を傷つけずにきれいに文字が出ることは考え難いのです。となると
面側はあらかじめ重なった形に母銭を置いて、上から肌砂をかけてからかたどったものの可能性が高く、背側はそうしてできた鋳型にもう一度母銭を押し付けたものと考えられるのです。・・・ただし、私の机上の論です。
 
2月4日 【投稿2題】
関西のSさん投稿の画像です。(感謝!)
2kgほどの雑銭の中から出現したそうです。今年は酉年ですからこのようなものに出会えるとは幸運・・・幸先が良いですね。私は目下ウォーキングにいそしんでおり、古銭にあまり対峙してないのですけど、そういえば机の上に千鳥が転がっていたと思いました。罰当たりです。もう一枚の画像はたしか中国からの投稿だったと思います。禄生禄さんという1月19日の掘り出し物をやられた方です。(ありがとうございます。)
一見、なんだ寛文期亀戸背文じゃないか・・・と思うのですが、目の肥えたマニアは文字に背景のように隆起があることに気が付きます。そうです、これは面側の重文という錯笵です。いざ探すとこれがなかなか出会えません。
もっとも市場価格が着くほどでもありませんけど・・・。
こういったものは私のような変わり者が喜ぶぐらいでしょうけど、よくぞ見つけたと思いますね。
 
 
1月28日 【60周年記念大会拓本の練習から】
机の上に放置した拓本です。一応道具を持っていますが私はめったに拓本は採りません。ですから下手です。タンポなどは猫がおもちゃにしてどこかに行ってしまいました。今回は日本貨幣協会の創立60周年記念大会ということで泉譜用に拓本を久しぶりに採りました。この拓本は練習用に採ったもの。自分なりにはうまく採れたと思っていたのですけど、改めて見るとムラはあるし、縦の並びの位置が不ぞろいでしかも下の方の拓がよろめいてます。
この拓本の品は出品したものではありませんけど、どうせ出すのなら特徴がはっきりわかるものの方が恰好良いと考えて、初めにこいつを練習台に選んでみました。
皆様わかりますか?不知細郭手の短尾通細字なんですけど、秋田の故村上英泉師は退口呆と呼んでいたと思います。(村上師の元所有物で英泉譜の原品です。)この不知銭は通の文字より天保の文字の変化の方が面白く、その変化も個々によって微妙に異なります。この品など短尾通細字という名称は全く当てはまらないのです。拓本にすればこいつの特徴がもっと出るかと思いましたが、やはりいまいち。それでも肉眼よりはかなり見やすくなっています。
左画像上段が拓本の品です。そしてその下が天保仙人様の所蔵品。これを見る限りはたしかに短尾通細字なんですね。
夏の古銭会展示室のコーナーなど何度も並べて比較しているのですけど、一見では同じ系統には見えない。さらに驚くべきことにこれには濶縁縮字になっているものや長郭手の大濶縁のものまであることを確認しています。
さらにさらに・・・触字タイプのものや細郭手の異書体とされるものも同じ系統のものではないかと考えています。覆輪刔輪銭で横太り銭形であること、中郭気味のものが多いこと、共通の極印であること、寶足が棒状で少し長いこと、當のツ画の第三画がかぎ状になるものが多いことなどが観察ポイント。文字は様々に変化していて、これだというもの(サンプル)が少ないのですが、なかなか楽しい一群なので皆様も探してみてください。

※私が何を記念泉譜に出品したかは今は秘密。奇天手ではありませんし、もちろんこいつらでもありませんよ。
 
1月26日 【太閤永楽金錢】
ネットでやけに盛り上がっている金錢です。私自身は興味はあまりないのですが、どうも太閤恩賞金錢の打製永楽跋永らしく、奔放鐚銭図譜(1988年)の評価で小珍の30万以上 ですから大変なものみたいです。すでに50万円を突破していますので、一息ついた形なのですがもう一波乱あるかもしれません。私にはまったくわからない品ながら、秀吉が恩賞用に金銀の銭を用いたことは間違いなさそうで、秀吉が最も愛した『永楽通寶』の名前を用いたことも理解できます。さて、結果はどうなるやら・・・。
私事ながら、昨年末から夜間ウォーキングをはじめており、1日当たり1万歩以上(約7㎞)をコンスタントに維持しています。雨や行事で休んだ日は2~3日程度で通算200㎞ほどになりました。ただ、時間がものすごくかかるのでそれに苦労しています。昨年秋に尿管結石になりましたので、これで石も出てしまうでしょう。あれから発作は小さなものが一度だけです。
はじめて結石の痛みに襲われたときは驚きましたが、もともと痛みに強いんだか鈍いんだか、我慢していたら急に楽になりました。急病センターに行こうとしたのですが、女房に『NHKで真田丸がやっている間は出かけない!』と制されてうんうんうなっていたら痛みが治まったというのが本当の事実。真田丸のおかげだったでしょ・・・とは女房の弁です。
 
1月24日 【細郭手容弱の次鋳?】
いやあ~汚い。こんなものほとんどの方が見向きもしないのではないでしょうか?製作が悪いのではなく、焼けて状態が悪いのです。投稿者は関西のSさん。しかし、彼の観察眼は違いますね。花押が容弱の形・・・先太なのです。背の當が離輪してるし、本座じゃないですね。さらに計測値は長径47.68㎜、短径32.03㎜、銭文径40.12㎜、重量19.58gと明らかに縮小しています。このサイズは縮み過ぎの感もあります。私所有の容弱はいずれも文字が繊細でして、母銭のように美しい・・・と、いいますか1枚は通用母銭だと仙人様から言われています。それはたしかに文字は繊細で銭文径もほんの少し大きい。(2009年5月9日の制作日記参照)
しかしその差はわずかで、次鋳かもしれないとしたものも郭内はきれいだし母銭のようなつくりなのです。
掲示した品が容弱の次鋳通用銭だと確定したら、それらが母銭になる可能性はさらに高まります。さらに美しい次鋳サイズの容弱小様が発見されれば・・・と思う次第ですね。
ここで過去記事で思い出して頂きたいのは、俯頭通にしても大天尓寶にしても、はたまた宏足寶や長張足寶にしても銭文径の異なるものが次々に発見されていること。 2014年12月20日、2014年12月18日、2015年2月1日、2015年7月10日、2015年12月27日あたりの記事を読み返してください。私、なかなか良いこと書いてあるなあ・・・と、つくづく思います。(自画自賛)不知銭には銭径が異なるものがたくさんあって当然で、大きいものは母銭になれた品・・・あるいは母銭そのものの可能性があるのです。例えば容弱以外では、私所蔵の俯頭通は、きちんと加工すれば次鋳の母銭たりえる品なので、ひょっとしたらという夢の持てる美人さんです。
さらに余談になりますが、仙台長足寶には大様と小様がありますよね。数量的には圧倒的に小様が多く、大様は希少品です。そして大様は小様の母銭ではないかということをよく聞きます。ただし、大様の多くにはポイントというべき鋳だまりがあるのですけど小様でそれを写したものは発見されていなかったのではないでしょうか?そうなると大様は母銭というよりも母銭になり得た母銭と同じサイズの通用銭という位置づけでも良いかな、と、この頃思えるようになりました。つまり、寛永銭でいえば細縁銭のようなものですが、こちらは製法上の違いもあり希少性はまちまちということ。例えば、俯頭通や大点尓寶の大様は別製作のような感じがしますが、通用銭と同じようなものもある・・・この件についてはまだまだ勉強が必要ですね。 
 
1月23日 【きれいな銅山手】
侍古銭会のたじさんから頂戴した画像。現在、高野山に出張中とか・・・研修、それとも修行ですか?
銅山手とはまことに良いネーミングで、確かにこの書体は盛岡銅山の背の文字とそっくりです。携帯電話からフラッシュ撮影なので色彩の再現に限界があり、真鍮のような色合いになってしまっていますが、原品は見事な本炉の正品であろうことは十分に感じ取れます。(浄法寺や末炉の品じゃないですね。)正統派の天保銭の収集を目指すのならこの盛岡銭は必須の品ですね。たじさんはこの品、頬ずりするほど愛おしんでいるそうで・・・こうしてまた、穴銭中毒患者が増えてゆくのですね。合掌!!

 

1月22日 【ある作品の誕生】
明治の初期のこと・・・ある業者が「明治金貨のデザインを作った加納夏雄先生の彫金技術を伝承するために、母校の生徒さんに鋳ざらい母銭の習作をさせたらどうでしょうか。出来上がったものは芸術品として購入しますよ。」と話を持ち掛けたそうです。学生さんたちは彫金技術の勉強でお金がもらえるものだと信じ、一生懸命に作成したものの、これらが贋作として世に出て売られるようになるとは夢にも思わなかったそうです。その多くが後に天顕堂大川師に納められることになりましたが、大川師はすぐに贋作と気づき一切外部に出さなかったのですが・・・様々な経緯があって一部が外部に流出してしまったそうなのです。
ところで大川師はだまされて買って悔しかったためなのか、あるいは万一の流出に備えてなのでしょうか、その古銭にマークを刻んだと云います。(あくまでも噂)これらの作品は彫金を勉強する学生さんが熱心作成していたのに加え、業者が土台の古銭(本物)を厳選していたため、大ぶりでなかなかの出来栄えなのだそうです。見た目の迫力に気おされて騙されてしまう方はたくさんいらっしゃるようですが、学生さんは母銭が何たるかをよく理解していなかったので、工程上に小ミスを犯してしまったそうです。したがってその作品は母銭として使用するには欠点があるのですけど、なかなか気づかないポイントでもあります。(秘密)

 
1月21日 【密鋳の兄弟銭】
密鋳銭には同じ母銭から大量につくられたと思われる兄弟銭がときどきあります。江刺錢のように合致点が多くて量的にも比較的あるものについては手替わりとして認知されることもあり、濃いコレクターの興味を引くところです。
おととい、作業机があまりにも手狭になったので少しだけ卓上放置品の整理を行いました。天保銭や文久銭、密鋳銭がかなりの散乱状態で、それらをフォルダーに入れながらとりあえずまとめます。そうやっていたら何やら同じ特徴を持った俯永写しが2枚発見されました。それが右の品。
仮称)郭抜け寛永背欠波
特徴は面浅字で赤黒い銅質。輪は縦~斜めやすり。郭内のやすり掛けがきつく変形してしまっています。背の波の変形も著しく、上部の波の左側が鋳切れます。通字の下に星があります。私はおそらくこれを工藤会長から別々に分譲いただいたような気がするのですが記憶があいまいです。背波の変化がとても面白い品です。
 
1月20日 【鋳放し・錯笵・未使用錢に注意!】
これから記述することは一般論というより私個人の見解+今まで得てきた知識と経験でありますことをご理解ください。
穴銭収集をしているとどうしても人の持っていないもの、初めて見るものに心惹かれます。鋳放しや未使用のものなどはその典型で、どうしても目についてしまいます。そこに贋作者のつけ込む隙があるのです。
そんなものがあるはずがないというほのかな疑念と、人がまだ手にしていないかもしれないという尊大な功名心の戦いに私たちは負けてしまいやすいのです。本来、銭は流通してなんぼの世界ですから、通用しづらい鋳放し銭や錯笵銭、流通前の未使用母錢などは存在そのものがそのルールに反しているのです。もちろん本物の鋳放し銭や錯笵銭、未使用母銭なども確かに存在しますが、その判別には極めて厳しい目が必要だと思うのです。
一方、贋作者側の事情もあります。江戸期が終了してから以降、銭座の技術や道具がどんどん失われてゆきました。贋作者は古い技術の継承者を探し出して再現を試みますが、時代の進行に従ってそれもだんだん難しくなります。
とりわけ難しかったのが磨かれた鋳肌と地肌の砂目の再現と側面のやすり目の仕上げ。昔と同じ材料・道具の入手の困難さとともに磨かれることによって失われてしまう古色の再現性の問題です。
鋳砂の房州砂は昭和の初めまで採掘されていたようですが、和やすりは技術継承者が少なく、生産効率性も悪かったと見えて現在では完全に途絶してしまいました。それにやすりや砂で磨く行為は錢の表面を削り傷つけることですから、新しい地肌が出てしまい、古物である古銭を模造する上では非常にまずいのです。贋作者は古色をつける努力を工夫して行っていましたが、それにも限界があります。そこで一計を案じ、仕上げ工程そのものを最低限にしたり、あえてやめてしまうのです。すると、あら不思議・・・コレクターの方からどんどん引っかかってくれたのです。
表面の砂磨きがないのに穿内や周囲がきれいに処理された金色の母銭等は要注意です。浄法寺系や石ノ巻天保などもかなり妖しい雰囲気が漂う一方、きちんと仕上げられて流通した痕跡のあるものあることから、玉石混交といった感じがします。
いずれにしても十分な知識を持ってから、これらに対しては覚悟のうえで手を出すことをお勧めします。
なお、鋳銭の工程では母銭の製作が完了した後に通用銭を作る。よって座銭に鋳放母銭はない。という工藤氏の言葉にはかなりの重さがありますが、幕末の混乱期や密鋳銭座では例外があると思います。と、いうのも不知天保などには同じ書体で様々なサイズがあり通用銭と母銭が同時製作されたことが伺われるからです。とはいえ、その言葉を十分に心得たうえで精進することなのでしょう。
 
1月19日 【明和期大字!?】
私のHP常連読者は日本以外にも4%ぐらいおりまして、中でも熱心な方が中国にいらっしゃいまして、お名前を禄生禄さんと言います。おそらく翻訳ソフトを用いて一生懸命調べてくださっているようなのですが、この方がだんだん目が利くようになりました。今回のご投稿がハイライト。昨日、興奮してメール送付してくださいました。さて、皆様、これをどう見ますか?
残念ながら焼けて真っ黒に変色してしまっていますが、文字がすっきりしていて第一印象は明和期の四文銭です。問題はその書体で間違いなく大字なのです。明和期の大字は平成17年に方泉處コレクションが銀座コインオークションに出品されて、母銭500万円、通用銭520万円の価格がついた寛永銭史上最高の品でした。それと同じかもしれない品が日本を遠く離れた中国の地でひょっこり出てくるなんて・・・。
明和期大字の通用銭は関西方面で1枚だけ発見されたと聞いていますが、探せばまだ出てくると思うので、それが中国で発見されても何らおかしくないと思います。あとはこれが明和期なのかということ。私は文政期・安政期の通用銭も間近で拝見したことはあるのですが、いずれも製作はいまいちでこれほどのすっきり感がありません。
子細に観察すると、永点とノ爪が若干大きく見え、寛前足が陰起することも気になりますますが、これは鋳造変化でしょう。
文字のすっきり感は母銭的な印象がとても強いのです。結論を言うと文政期大字母銭の可能性が最も高く、次いで明和期の大字通用銭というところでしょうか?どちらに転んでも大珍品であることには変わりはないと思います。(安政期や文政期の通用銭とは製作が違う印象です。)良く発見しましたね。おめでとうございます。
 
1月17日 【大きな白い仰寶2】
大きな仰寶は他に持っていないと思っていましたが、もう一枚出てきました。これで製作タイプが同じものが4枚になりました。忘れているものですね。ほかにもあるかもしれません。
①外径29.2㎜、重量5.8gの未仕立大型母銭
②外径29.1㎜、重量6.4gの未仕立大型母銭
③外径29.0㎜、重量6.6gの仕立済大型母銭
④外径28.3㎜、重量5.5gの仕立済通常母銭
これらはいずれも白味の強い黄銅質だと思われ、輪側面にテーパーはありますが、仕上げ銭は見事に平らに加工されています。とくに④の母銭はなりは小さいですが角がきっちり立つ感じ。侮れませんね。
なお、①と②は未仕立としましたが、半仕立と言ってもよい品です。

ところで穴銭入門 新寛永の部の仰寶の説明文中に気になる記述があります。
『・・・小様の品とか、磨輪銭、また覆輪したらしい濶縁大様の品はおそらく後鋳銭であろうが、困るのは当品より先鋳らしい、大様で黄色の母錢が存在していることである。』
まことに意味不可解な説明文で、これはこれらの品に贋作が多く含まれ、解説者も迷いがあることを意味しているのでしょうか?
大型の仰寶の存在の何が説明に困るのか知りたいところです。また、雑銭の会において配布された資料に以下の記述があります。
『O氏作 仰宝鋳放  鋳銭の工程では母銭の製作が完了した後に通用銭を作る。よって座銭に鋳放母銭はない。』
これは実際の贋作を展示した上での解説で、私はその時には出席していませんのでO氏がどんな作だったのかは知りませんし、工藤雑銭の会会長のこのときの解説の言葉を額面通り受け取ってよいのかもわかりません。
以上、いろいろ書きましたが今回の入手品を見る限りは製作的には矛盾が感じられないつくりであり、何より上から3番目の③は工藤会長から間違いのない品として分譲いただいた品そのものですから・・・。つまりこの品がダメだったら古銭収集そのものが信じられなくなると言っても過言ではないのです。仰寶は調べれば調べるほど面白い存在になるかもしれません。
 
 
1月15日 【大きな白い仰寶】
心理学の世界では心には生物としての防衛本能があると言われています。人間嫌なことをずっと我慢していると”うつ”になりますよね。我慢している状態を抑うつというのですが、古銭病が進行するとこの我慢ができない・・・いや、我慢ばかりしていると”うつ状態”に陥ってしまうので、治療のために古銭を買います。そうすると今度は依存症から金欠病になる悪循環に陥ると思いますが、後は頑張って働くしかありません。
昨年末にものすごく大きな仰寶母銭がネットに出ていました。それは入手できなかったのですけど直後に入札誌で29.5㎜という触れ込みで類似出品がありました。若干難がある品でしたが、”うつ状態”に陥りかけていた私は治療のため思わず手を出してしまいました。これを心理学的に代償行為と言います。代償行為の代償は無駄な出費です。
大きな仰寶を入手できた私はそれを計測してみましたが・・・29.1㎜でした。部分的には29.5㎜なんですけど鋳バリのこぶの部分なので、それはないでしょと言いたいのですけどウソではありません。かくして私は再び代償を求めてネットをさまようことになるのです。
とはいえこのサイズはかなり貴重です。雑銭の会の工藤氏はおそらくこれを橋野銭座だとおしゃってたと思います。
(私は母銭コレクターではないのですが、南部藩の手ごろなものだけは拾っています。それはこの地の鋳造がとても謎めいているからにほかなりません。)
比較のために本炉と思われる母銭(中段左)と次鋳の母銭(中段右)を掲示しますが一回り大きくかつ文字も繊細です。本炉と思われるものも28.5㎜あるので、この手のものとしては相当大きい方なのですが、画像を重ねてみるとほんのわずかに今回の入手品の方が内径が大きく見えます。(計測上では0.2㎜の差)
これはこの母銭が原母クラスである可能性をも示唆していますが単純に誤差なのかもしれません。というのも一番下段に示した2枚の仰寶の母銭ですけど、大きさや制作はかなり異なるものの内径はほぼ同じなのです。(0.1㎜の差あり)その昔の泉譜・・・手引きにおいては仰寶は万延期の江戸鋳と盛岡藩鋳があり、盛岡藩は幕府から母銭を借りたとされています。他の泉譜には江戸鋳の記載はほとんどありませんが、どうも母銭だけ江戸出のものがあるという見解なのかもしれません。それがこの大きな母銭であり、それについては穴銭入門、新寛永の部においても『困るのは当品より先鋳らしい、大様で黄色の母銭が存在していることである。もちろん製作としてはテーパーを取った鉄用の母銭である。』と書かれており謎めいていることこの上ないのです。最下段左こそテーパーのある鉄母なんですけど、ではそれより大型の右と今回の入手品は何なのか?最大クラス(外径25.2㎜)と思われる最下段右については実物を後程再計測してみる予定ですが、厚みもすごく郭内のテーパーも見事な品なのです。(以下続く)
 
 
1月14日 【長足寶ギャラリー】
侍古銭会のたじさんが足の長い不知天保通寶を探し求めているということで、参考までに寶足部分のアップ画像を集めてみました。名称については実際に私が付けている分類名とは若干異なっています。 
上段左端は通常の鋳写でこれを基準とします。それが刔輪されて足が細くなりほんの少し足が長くなります。(1月13日の品)これを長足寶と名付けるか否かは個人の好みですけど、こうやって見るとギリOKかしら。覆輪されて強い部分刔輪がされたのがその隣の細郭手。さらに刔輪が進むと長くなった寶足が輪から離れることがあり離足寶となります。このタイプは意外と少なく、完全に離足寶になったものより、足を輪に接したまま伸ばしているものの方が多いのです。狭長足は細郭手で足が縦方向に伸びたものですけど、前足がわずかに離足気味になります。前足の下の輪は削り残したように少し膨らみます。そこから刔輪されて再び足が輪から離れたものが右端ですね。後ろ足は断ち切られたように輪から離れています。
中段左端は寶足はさほど長くありませんが、文字が太く変化して肥足寶になったもの。それが整備されて長くなり足が円弧を描き突っ張り始めます。そして不知長郭手の代表銭が張足寶です。寶足が細く弓張状に鋭くなります。張足寶は力強さが命です。画像の品は當百銭カタログなど多くの銭譜を飾った銘品です。その隣が張足寶の特徴をさらに醸し出している細郭手の張足寶。張足寶と言えばこれのことだといえるぐらいの品。長郭手の張足寶と細郭手の張足寶が同じ炉の出だというお話は各所で聞きますがこうして部分拡大してみると(書体の違いはあるにしても)文字の大きさなどは全然違いますね。
さらに銭文径が縮んでくるとやがて寶足は下側方向に伸びはじめます。希少品の通寶小字は張足寶に比べて足の伸びる方向が微妙に違うのがわかりますよね。銭文径は40㎜程度しかありません。それがもっと進化すると大珍品の長張足寶になりますが、部分画像だと差は微妙かしら。前足の方向が違い足幅が広がってきます。(実は天側の刔輪が非常に強いのです。)
下段の先頭は系統は違いますが寶下の部分刔輪が異様に強く、反足寶風になったものでこの段階では前足は直線的。長反足寶は説明不要の有名品で両寶足は円弧のように反り返ります。これが完成形ですね。
その隣からは宏足寶系の変化ではじめは強い刔輪から始まり、だんだん足が変形して行きます。張足寶や反足寶は寶前足はカタカナのノの字のように曲線を描きますけど、宏足系は寶後足は直線的に踏ん張りが広がり、寶前足はひらがなのくの字状に曲がる癖があります。最後の画像は奇天手で、ある意味これが変化の到達点かな。こうしてみるといろいろなタイプはあるものの拡大してこの程度ですから本当に微細な変化です。とはいえこれだけ集めるにはものすごく苦労しました。
長郭手 長郭手刔輪 細郭手寶下強刔輪 長郭手離足寶   細郭手狭長足寶 細郭手強刔輪跛寶
長郭手肥足寶 長郭手長足寶 長郭手張足寶 細郭手張足寶 長郭手通寶小字 長郭手長張足寶
長郭手寶下強刔輪 長郭手長反足寶 長郭手強刔輪 長郭手曲足寶 長郭手宏足寶 長郭手異足寶
 
不知長郭手尖足寶小頭冠當(當上刔輪)
長径49.0㎜ 短径32.7㎜ 銭文径41.3㎜ 重量20.0g
1月13日 【B級品なれど・・・】
収集の落札品です。覆輪刔輪銭ですけどあまり目立たない。わずかに刔輪で寶足が細く長く変化しています。こういうものを長足寶というべきか迷うところ。當上の刔輪が強く當の点が小さく離輪しています。
そういえば侍古銭会のたじさんが長足寶の天保を欲しがっていましたっけ。この天保はほんの少し寶足が長くなっておりますが、張足寶というよりは宏足寶気味。だからと言って名乗るほどでもない微妙なところ。通寶の文字がかなりやせているところと、當上の刔輪が強く、また當冠のツが縮小しているところが特徴です。
 
1月12日 【江刺大頭通写凸凹輪】
1月号収集に仿鋳銭大頭通銅銭という物を見つけ思わず応札しました。この小汚い寛永銭に福沢さんを犠牲にするなんて信じられない方が世に多いと思いますが、このHPをお読みの方はわかりますよね?この仿鋳銭は江刺大頭通凸凹輪と名付けられ穴銭カタログ日本に掲載されています。特徴は永下輪の小瑕と寶脇の輪の鋳だまり(輪の乱れ)と寛前(寶上)の輪に接するひげ状突起、寛見の鋳だまりなど・・・あくまでも拓本と原品の合致によポイント説明です。側面は江刺特有の不規則横やすりです。
 
不知長郭手覆輪刔輪純赤銅錢
長径48.9㎜ 短径32.4㎜ 銭文径40.7㎜ 重量20.7g
会津藩銭短貝寶初鋳厚肉大様銭
長径49.5㎜ 短径32.8㎜ 重量25.0g
盛岡藩銭大字初鋳銭
長径49.1㎜ 短径32.3㎜ 重量17.6g
1月11日 【赤色天保三題】
ネット落札した赤い不知長郭手をUPしました。郭の歪みは穿に通した角棒による傷ではなくまとめて穿内仕上げした際についたやすり傷のようです。それだけ材質が柔らかいということですね。このように赤い天保銭の中には火中変化で赤く発色したものが多いのですけどこいつは地金そのものが赤いのです。極印は本座によく似た形状ながら極めて小さい桐です。秋田広長郭の極印も小さめですけど同一か否かは不明です。(秋田小様とは明らかに異なります。)覆輪刔輪銭と思われますが、輪際のグリグリ感がなかなか素晴らしい。高かったけど手にできて満足です。

中段は同じ出品者が出していた会津短貝寶。見るからに立派で好ましい風貌。短貝寶そのものは比較的入手しやすい藩鋳銭なのですが、この大きさと重さはなかなか立派です。出品者の方はかなり良い目をお持ちのコレクターなのではないでしょうか。厚みは2.8~3.0㎜もあって25gはさすがにずっしりしています。
當百銭カタログにおいてはこのように短貝寶の中で大きめのものを”濶縁手”と名付けていますが、単純に大ぶり銭とか大様銭で十分だと思います。大きくて分厚いだけで、書体に特別な変化があるわけではありません。
大ぶりというからには49㎜以上は欲しいと思っていましたが49.5㎜は私の数少ない所有品の中で最大でした。ただ、上には上がありまして過去に天保仙人様の所有品で厚さ4㎜に迫る迫力の短貝寶を拝見したことがあります。向かって左側の輪に瑕があるタイプでこれが改造されたら濶縁離足寶の原母銭になるのではないかと言われるものでした。
入手品は寶字の乱れはあるものの全体的な文字抜けも良く、美銭のクラスですね。

下段は暴々鶏会長から購入した南部盛岡藩の大字の初鋳銭。HPを見ると南部の大字は持ってなかった気がして手を出しましたが、なんのことはない3枚もありました。
ただ、このように赤く発色したものはありません。南部の初鋳銭は紫褐色を呈しているものが多いと聞いておりますが、それは古色であり本来はこんな色なのかもしれません。南部藩の天保銭は小ぶりなものが多い気がするのですが、この大字は長径が49㎜を超えているので大きい方だと思います。銅色は赤いのですけど金質はやや硬い気がします。また、重量は17.6gとかなりの軽量銭のほうです。

本日になり、駿河の落札通知と書信館出版の落札物が届きました。出費が春から全開になっています。困りました。
 
1月10日 【加賀千代の砂目】
昨年ネットに出た加賀千代贋作天保の画像がパソコンに残っていました。(色調調整あり)元画像ではすすけて黒ずんでいましたが、本来は黄金色に近いものだと思います。当時、佐渡錢とされていた方字を写したのは銅色や砂目をごまかす意味では良い発想です。本座の天保通寶は房州砂(白土)を使用していたので非常にきめ細やかな肌をしています。(この件は貨幣の平成28年12月の第60巻第6号に小林茂之氏が詳しく書かれていて感心いたしました。)一方、房州砂のようなきめ細やかな鋳砂に恵まれない地方では荒々しい鋳肌になることは避けられず、秋田藩では細かな川砂(泥?)を選びを洗い、漉して苦心して鋳砂を作ったように聞いていますし、土佐藩や萩藩の天保銭などは腹をくくってざらざらの鋳肌そのままをしています。
さて、加賀千代の錯笵天保はそういう意味では非常に精巧で、萩藩天保の鋳肌を丁寧に再現しています。私は加賀千代の錯笵天保の実物は1枚しか実見していません。(仙人様の所有物)その加賀千代天保も作成から100年近くが経過しておりそれなりの骨董価値?が発生しているようです。興味のある方はこのざらざらの砂目と銅色・・・目に焼き付けておいてください。贋作の世界では時々出会いますから・・・。
 
 
1月8日 【真っ赤な不知天保銭】
正月早々大変な買い物をしてしまいました。真っ赤に見える不知長郭手がネットオークションにUPされていたのです。不知天保銭の銅色で赤銅色は意外に珍しく、長郭手に至っては皆無に近いと断言できます。私自身の所蔵品の長郭手で赤いと言えるのは捻れ形と名付けたものぐらいで、それさえ純赤というより茶褐色といった雰囲気です。
赤い不知天保銭が少ない理由はいくつかあります。ひとつは赤い銅色の元不知天保銭の多くがすでに籍が確定されているものに含まれること・・・秋田小様とか浄法寺だとか・・・この色は東北の色ですね。
また、密鋳に使う原料として一般的なもののひとつに仏具や鏡がありますが、これらはもともと錫成分が多い特性がありますから赤く発色しにくいのです。
原料に文政期の當四文銭を使えば赤くなるとも考えられますが採算性を考えれば四文銭を使うより寛永一文錢やもっと古い古銭を使うのが自然です。それに當四文錢に含まれる亜鉛分は扱いが非常に難しく、沸点が銅の融点温度より低いため再溶融中の爆発事故が発生しやすいのです。これは技術力が低い上に密鋳発覚を恐れる密鋳事業者にとってはとても都合が悪いのです。
銅を安全に、かつ低温で溶かすためには錫を使用するのが一番簡単です。錫には融点降下現象という特性があり、銅単独だと溶解には1000℃以上の高温が必要なのですけど、錫は250℃未満で溶けはじめ、その溶解した錫をもう少し温めると銅はそれにどんどん溶けるようになります。その温度はタバコの火の温度より低いといわれていますから小規模な密鋳銭工房にはとてもありがたいことなのです。
かくして不知天保通寶に赤いものが少ないのです。先にも書きましたがこんな赤い色は東北地方でしか産出できない色です。秋田小様というものがありますが、秋田小様の長郭写と言ってもよさそうな色。材質も柔らかそうな阿仁銅山の色ですね。私は初めて見ました。したがって、見た瞬間に気に入り、思いっきり高額入札して放っておきました。今朝見たときはまだ1万円台でしたのでしめしめ・・・と思っていましたが、落札価格を聞いて倒れそうになりました。ある程度は覚悟はしていましたが現実に心と財布がついてゆけない私です。
果たしてよい夢を見たのか、それとも悪夢なのか・・・商品が届くまで期待半分不安半分です。
※側面の仕上げと極印が早く見たい!色付けした後鋳銭ではないと思うのですけどね・・・。
 
   
 
①九州K氏
②③湧泉堂氏
④鳳凰山氏
⑤金幣塔氏
⑥関東K氏
⑦四国O氏

⑧東北W氏
⑨東北T氏
 
1月4日 【年賀状ギャラリー】
年賀状に子供(孫)の写真を載せるケースはときどきありますが、古銭の写真を載せる変態はそう多くはありません。それぞれに思いのある画像を載せてきますね。九州のK氏は近年発見された蛇の目の細縁銭・・・ということは私たちが普段見ているのは次鋳銭の母銭の兄弟銭ってこと?②③は佐渡銭の背刮去ってことですけど②は鉄銭座銅銭(背広郭)だとして、④は幻の元文期の背佐刮去ですね・・・大きいしこれはたしかに幻の珍銭ですね。
④は説明不要の大珍銭。稟議銭とも言われていますし、普通の母銭ではないことは確か。⑤は今年の干支を狙いましたね。元禄期の試鋳銭にして彫母銭。鳥の古銭と言えばあとは烏和同とか紋切銭の鶴丸あたりかと思いましたが、この珍銭が出てくるとは・・・。
⑥は押上の大字小玉寶・・・皆さんの運気を押し上げてくれるという縁起物です。⑦は最近手本銭の情報を下さった四国のO氏のお気に入りの品でしょう。奇永凹寛は寛字が凹み裏側が盛り上がるのが特徴。おそらく原母段階で何らかの事故があったのではと思ってしまいます。ほかには狭玉寶であり、離用通、大頭通であることも特徴です。凹寛手は凹寛以上の珍銭と言われながらあまり知られていません。それは古寛永泉志において解説がほとんど書かれていないことにつきますね。私もずっと知りませんでした。探せば出てきそうな気がします。
⑧は東北のW氏から・・・久々です。日光正字のはしご永を私はまだ見たことがありません。永の打ち込みのところに3段の階段があります。⑨は旧猿江の小字の母銭・・・申年から酉年へのバトンタッチのしゃれかと思いましたがよく見るととても大きい気がします。調べてみると喜寶譜の小字母銭が23.2㎜の外径ですからバカでかいし、文字はものすごく繊細に見えます。これぞ母銭という顔ですね。背郭こそやや偏っていますが原母クラスなのかしら・・・謎です!見解をお聞きしたいですね。
皆様ありがとうございました。
 
1月1日 【謹賀新年!】
昨年も年頭に抱負を述べていますが、ほとんど達成できていません。まず我慢が利かないし辛抱もなし、整理整頓は皆無でした。ダイエットもできていませんが年末から1日おきにほぼ5~10㎞歩いています。もともと力仕事をしていたので歩くのは意外に平気なのですが、時間がなかなか取れません。しかも、効果はまだ出ていません。これを続けるのが目標ですね。
さて、今年は酉年ということでそれらしい古銭を考えましたが、日光銭の千鳥は皆考えそうだし、鳥取小字はひねりすぎかしら。と、いうわけで穴銭を諦めカンボジアの鳥デザイン銀貨を掲載してみました。
詳しいことは全く分からないのですけど、学生時代に神田の出口コインか原宿あたりにあった?コイン商あたりで店頭に転がっていたものを拾ったもの。直径は3.4cmほどある大型の銀貨なのですが、打製らしくかなり薄い。銀錆を吹いていてものすごく雰囲気があるのですけど、残念ながら荘印(両替印)があるためとんでもなく安かった(2000円以下)と思います。メモにはクメール1T(Y37)とあります。Y37は多分ヨーマンカタログ(当時の外国貨幣収集のバイブル)番号だと思います。私はゼネラルコレクターではありませんが気に入ったらこういったものも拾うマニアなのです。これは寺院の模様がレリーフのようで、背の鳥(クジャク?)もウッドペッカーのように 愛らしく見えます。すでに入手から30年ぐらい経過していますが、なかなかかわいい面構えの銀貨で今でも好きです。昨年は実家の整理・引っ越し、両親の呼び寄せと研修・制度変化等・・・と、まあ忙しかった。仕事はもうからないけどめちゃくちゃ忙しい。古銭業界もいまひとつ盛り上がっていませんが今年こそよい年でありますように・・・。
 
 
→ 2016年の記事へ