戻る     進む  
密鋳銅一文の観察箱
江刺 異書斜寶写
    
 
密鋳一文銅銭はありそうで意外と見つからないものです。加護山銭のように藩主導によって比較的大規模に鋳造されたものもありましたが、多くが零細な家内産業であり、収入に比べてのリスクが多さと原料調達の難しさ、採算性の悪さから、密鋳はもっぱら4文銭か天保銭もしくは鉄銭が主流になっており、銅一文銭はかなり少ない存在です。
一方で、決済用の少額貨幣は常に不足している状況でしたので、密鋳一文銅銭の需要は確実にあったと思われます。
このコーナーはそんな日の当たらない密鋳一文銅銭と、密鋳用に改造された一文銭類をランダムに展示していこうと思います。
   
 
加護山銭 細字様嵌郭

藩がかかわったと有名な密鋳銭。ただし、一文銭は明治期に3年間ほどつくられただけのようです。背文刮去して郭を補強するために増郭した母銭からつくられていますが、ここまではっきりしているのはとても珍しいと思います。銅色が赤黒いものが多いのは鉛成分の多い阿仁銅山特有の特徴です。
加護山 細字様長点尓濶縁

こちらは輪幅が広くなっているだけでなく、尓の後点が長く変化してます。嵌郭されていることは背を見る限りは明らかですけど、この程度では嵌郭とは言えないと思います。
加護山中字様

書体から判断して中字様としました。購入した際も中字様でした。細字次鋳との区別が難しいので、あまり細分類にこだわるべきではないと思います。内径は19.1㎜ほど。
加護山中字様

北海道と東北の貨幣原品。英泉還暦記念泉譜原品。
加護山銭 正字様

細字背文刮去の写しが一般的ですけど、数は少ないものの正字写しや繊字写しも存在します。
加護山銭 繊字狭文様(新寛永通寶図会原品)

おおぶりの品ということですが、下の品と比べて内径、外径とも大きく見えます。また、郭内にきれいにやすりが入り、外輪も見た目以上に整っていますのでおそらく鋳写改造母銭だと思われます。
加護山銭 繊字狭文様

あまり知られていませんが繊字狭文を写したものも存在します。次鋳もあるということですので探してみて下さい。
評価以上に少ないものです。
加護山銭 藤沢銭写

文銭以外を写した加護山銭。やすり目、砂目、側面の様子などどれをとっても100点満点の加護山密鋳。ここまで完璧なものはそうは見つからないと思います。
加護山銭 元文期亀戸銭狭穿写

新寛永通寶図会・北海道と東北の貨幣・英泉還暦記念泉譜など各泉譜を飾った原品です。ヒビが入っていますが、故村上氏がこよなく愛した逸品です。
加護山銭 元文期加島銭細字写

加島の細字を写したもの。文字がしっかり読めるのは素晴らしい。この手のものの鑑定は、砂目と銅質、やすり目が決め手。
加護山銭 元文期小梅銭狭穿背小写

元文期小梅銭を写したもの。背に小の文字が見えます。
加護山錢 藤沢・吉田島銭縮字写背夷縵

密鋳一文銭の中で、縮字写しは飛びぬけて多いと思われます。一方で、本炉銭の次鋳との区別が非常に難しいので、総合的に判断すべきです。これはあきらかに銅色が加護山系の色のもの。浄法寺なのか加護山なのかは実は正確には判断はできませんけど砂目は上の品々と一致。
藤沢・吉田島銭縮字写 黄銅質小様背夷縵

さらに銭径縮小が進んでいます。銅質は黄色っぽくあまり赤くありませんが、上の銭に製作はとてもよく似ています。このように背夷縵でざらついているものは良く見かけます。
藤沢・吉田島銭縮字写 背夷縵

背が夷縵になる藤沢・吉田島縮字写はかなり存在します。
四ツ寶銭俯頭辵写 背夷縵

書体は異なりますが製作的には上の品と同じです。このタイプの写しは非常に多い気がします。
藤沢・吉田島銭縮字写厚肉広郭 赤銅

一見製作が立派で、本炉銭と見間違えてしまいます。しかし銅質や製作はまるで違います。郭はまるで嵌郭されたように広いのが面白い。本当に加護山の嵌郭なのかもしれませんね。
藤沢・吉田島銭縮字写薄肉広穿 背錯笵

鐚銭風の写し。ペラペラに薄い。
高津銭細字背元写 赤鐚風背夷縵

いわゆる甲州鐚風の赤鐚。全体が縮小し、なおかつ薄く貧相です。この手のモノは上記の縮字についで多いと思います。
高津銭細字写(赤銅質)

真っ赤な背元銭。このタイプはときどき見かけます。背のずれがなかなか愛らしい。
高津銭細字写(赤銅質)

風貌、砂目などから上の品と同じ炉の出だと判断できます。
小梅手仰寛写赤銅粗肌

ざらざらした赤銅質の写し。かなり薄肉です。あるいは加護山なのかもしれない。
江刺 異書短通斜寶写  

赤茶に見えますが黄色みが強く、やや硬い銅質。表面は泡立つようにざらついていますので江刺としました。穿内鋳放しですが非常に端正な密鋳銭で私のお気に入りの一枚です。
江刺 細字背元写し  

こいつも江刺で良い気がします。穿内鋳放しで、ざらざらした鋳肌で彫りの浅い文字はかろうじて判読できます。
江刺 十万坪無印写し

実に汚い一文銭ですが、ざらざらの鋳肌、鋳放しの穿など江刺の基準に合格!しかし見栄えはしません。
日光銭正字写

手にした瞬間の違和感からあれやこれや調べて、どうも写しのようだと判断したものだったと思います。内径がわずかに小さいのですけど、自信が無くなってきています。
猿江小字写厚肉

赤肉の肉厚銭。実物はもっと赤い感じ。浄法寺様だと記していました。厚み、大きさ、などいかにも写しという感じ。ただし、ヒビ入りでとても汚い。ネットで100円ぐらいで拾ったと思います。
不旧手写 郭抜鐚様 

雰囲気的には踏潰銭。やすり目が面背に粗く走ります。これはたしか雑銭の会で入手したもの。加護山と言うタイトルでしたが、銅色が加護山とは異なり白く、踏潰銭のような雰囲気があります。
不旧手写 赤銅磨輪

七条銭を磨輪して写したもの。まあ、よくぞこんな汚いものを喜んで拾っていると我ながらあきれてしまいます。
不旧手写

黒く変色して出来は悪いものの、大ぶりの上、かなり肉厚で輪にテーパーを感じるもの。表面は泡立っている感じ。これも元は七条銭だと思う。
亀戸銭写背文白銅質

中字か細字を写したもの。やはりかなり白い銅質なのが珍しい。安南銭でこのようなものはなかったか検討が必要ですね。
これもかなり珍しいと思います。
亀戸銭写背大錯笵

薄肉で安南寛永風のつくりながら、銅質は青銅質。湯道の痕跡が残っているし背は大ずれで、かすかに文の文字の痕跡のようなものがあります。これで厚肉だったら作銭かも・・・と思ってしまいそうなんですけど、製作はあくまでも密鋳のつくり。
あるいは安南寛永なのかもしれません。
古寛永長門異永写

貧相な焼け銭の風貌です。全体が縮小していてかろうじて写しであることが判りましたが、そうでもなければこんな汚い銭拾いませんね。たしか入札で購入したと思います。少ないとは思うのですけどよくこんなもの買ったものだと思います。

※焼け銭の気がしてきました。
古寛永水戸湾柱永写

東北特有の鉛分の多い赤黒い鋳写銭。比較的良く見かけるタイプだと思いますが、このレベルの鋳写し美銭はなかなか少ない気がします。
四ツ寶銭広永写厚肉斜穿

一見して異製作の品。肉厚で細縁、郭は面側が広がりしかも郭そのものが歪んでいます。
四ツ寶銭広永写歪輪

画像ではまるで鉄銭のようですが、立派な銅銭。仕上げの平砥ぎが強すぎ、側面にバリが飛び出し、輪側面の中央部がV字状に一部凹んだようになる異製作銭。肉は画像よりかなり赤黒く、鋳肌も粗い。
延尾永写厚肉

製作は上の四ツ寶銭と同じ系統で同炉の可能性が高いと思います。実物の銅色は画像より赤黒い。浄法寺系か?重量は3.8gとしっかりあります。
四ツ寶銭勁永写穿ずれ

なかなか微妙なところですけど、製作の粗さから前所有者は写しと判断したようです。四寶は肉が赤いものが多く、判断に迷うものが多い。
古寛永明暦小字(称:沓谷)写し?改造母?

外輪にあきらかな加工(テーパー)がとられています。銅質も赤く、あたかも火に入れられて加工でもされたようです。
ただし、穿内の加工が見当たらないので改造母であるという確証がもてませんのでとりあえず写しとしておきます。
 
 
 
【鋳写母銭・改造母銭】
高津銭細字写(白銅質鋳写母銭)

滑らかな白銅質から、一見本炉の母銭の出来損ないに思えてしまいます。厚肉、背錯笵の品では本炉の母銭はつとまりません。側面や郭内のやすりから通用銭を鋳写し、さらに鉄銭用の母銭に改造した物だと推定しました。背はダイナミックにずれてしまっています。
かなり珍しい品だと思います。

白目中字写(鋳写葛巻母銭?)

元文期白目中字を写した上に加工したもの。見寛や目寛の母銭類に見られる形状であり前所有者は葛巻銭と判断しています。
白目中字そのものが珍しい方なので、その写しはとんでもなく珍品。ひょっとしたら島屋文クラスじゃないかと勝手に思っています。
寛保期高津銭小字 改造母銭

超薄肉だが外輪、郭内とも丁寧なやすりがけが見られます。鉄銭の改造母だと思われます。
元禄期猿江銭正字改造母銭

こちらはものすごく肉厚。外輪、郭内の仕上げが認められます。さらに地の部分には鋳ざらったような痕跡が残っています。したがって背内輪がどことなくいびつに見えますね。
正徳期佐渡背佐改造母銭?

やはり外輪が意図的に加工されています。郭内は角仕上げはされていますがやや中途半端な感は否めません。背は鋳だまりで文字がみえあません。あるいは鋳写し母と思ったのですが、画像で検証する限りは計測値に異常は見られません。
銅質ももともと赤みの強いタイプなので矛盾はありません。
参考)正徳期佐渡通用銭との比較画像

比較のために画像を半切りにして中央でつないでみました。内径、文字位置、郭の広さまでほぼ合致します。鋳写しかどうか確認するのに私は良くこの手法をとります。
内径が同じでも穿が広がっているケースもありますので、この手法はかなり正確なのです。
ただし、鋳写しによる縮小は0.3~0.5㎜程度なので、検証にははかなり拡大してみないと分からないと思います。(画像は1.5倍。実際には3倍以上での比較が望ましいと思います。)
貼り合せ母銭

薄く加工した面側の背に、さらに極めて薄く加工した背面側を接着してあるようです。
側面にははっきりと境界線が確認できるだけでなく、背の左部が破損していて接着面の様子もわかります。肉厚はおおよそ1.3㎜で背面側の厚さは紙のような厚みの0.3~4㎜しかありません。ひょっとしたら背輪の凸部分だけを貼りつけたのかもしれません。面背とも表面は砥石で砥いだような指ざわり。密鋳母銭として使用したものだとは思うのですが、なぜこれほどまで手の込んだものをつくったのか・・・謎です。
繊字無背改造母銭

火で加工されたのかかなり銅質が赤いもの。とりあえず改造母としたが、はたしてどうか?加護山の繊字狭文様と関連があるかもしれません。
座寛厚肉改造母銭(テーパーあり)

小型にもかかわらず厚肉で重量2.9gもあり、外輪にはしっかりテーパーがあります。厚肉の通用銭を改造したのか、それとも写して作ったのかは私にはまだわからないのですけど…