戻る     進む  
22.寛保期 高津銭 寛保元年(1741年)摂津国大阪高津新地 鋳造
この銭貨については素性がはっきりしており、背に元の一字を置くことから判別も容易です。ただ、銭径にかなりのばらつきがあり、文字も小さく見にくいのが収集者泣かせです。基本分類を以下に拡大掲示します。
なお、高津の地名は『こうづ』と発音し『たかつ』は誤りです。ご存知でしたか?
戻る 次へ
拡大画像サーフィン
【寛保期 高津銭:基本分類】
細字背元 中字接郭寶背元
文字繊細で、すっきりした感じがあります。穿が最も広く、永字の幅が広く、寶冠が右肩上がりです。
銭径のばらつきが多く24oを超えるものから22o程度のものまで存在します。

(掲示品は母銭です。)
中字は総じて文字がやや太く狭永になります。寶の尓がぎりぎりで郭に接することと、寶冠がわずかに右肩下がりで仰寶に見えます。
中字狭通背元 中字狭通背肥元
通字だけでなく寶字の長いのが目立ちます。とくに寶貝は類品中一番長くなります。
通頭は小さく、永フ画も小さくなるので狭永ぶりも目立ちます。また、仰フ永です。

もっとも狭穿になるため、寛目、通用、寶貝など文字の横幅が一番広くなります。通頭は俯し、しんにょうはやや直線的になります。背元も太く大きくなります。
小字背元 小字降寶背元
小字という名のとおり、文字がひとまわり小さくなります。細字に似ていますが永の幅が狭く、寶冠も水平です。
薄肉の制作も目立ちます。


文字がさらに小さくなり、縮字といっても良いと思います。通用が小さく、降寶というより昂通であり、かつ小寶です。永字は退永になります。また、背元の前足が長いのも特徴です。
この類は総じて非常に肉薄です。

 
細字背元(大様)             【評価 7】
細字には直径が24oを超えるものがときおり見られる。肉厚も比較的たっぷりしており、初期銭だと推定される。掲示品の直径は24.35oで所持品中の最大様である。

細字背元(母銭:内郭未仕上)  【評価 4 通用銭は10】
細字には磨輪されて薄肉になったものも多く見られる。存在は最多である。掲示品は内郭の仕上げが不完全なものの母銭である。背元字に鋳不足があり、通用銭に格下げされたものであろうか?輪側面は粗い縦ヤスリ。
細字背元(純白銅母銭)  【評価 4
高津の母銭は白いものが多いそうですが、掲示品は本当に真っ白です。輪側面は角が立つようなロクロ仕上げ?でしょうか。その点は上の廃棄母銭の輪縦ヤスリとはまったく異なります。はたしてどちらが正しいのでしょうか?
細字背元(面背逆製)          【評価 4】
砂型に母銭を置くときに表裏を間違えたもの。エラー銭の一種だが高津銭にときおりこのようなものを見かける。それでも存在数は極めて少ない。
中字接郭寶背元(大様)             【評価 8】
この銭も銭径の大小が目立つ。掲示品は最大クラスで23.55oほどある。


中字接郭寶背元                   【評価 10】
上記銭の磨輪銭である。存在は多い。
中字接郭寶背元(大錯笵)  【評価 3】
背を良く見ると・・・面文の一部が写っています。製作は本炉です。しかも直径23.5oでものすごく大きい。珍品には違いありませんが、作銭かも・・・。
中字狭通背元(大様)            評価 8】
狭通の類は23oを超えると大様といえる。掲示品は直径23.3o。
中字狭通背元                    【評価 10】
上記銭の磨輪銭である。

中字狭通背肥元(大様)          【評価 7】
掲示品の外径は23.2o。背元の文字太く大きい。

中字狭通背肥元                   【評価 10】
よく見かけるのはこのサイズくらいが多い。
小字背元                 【評価 10】
小字は銭径のばらつきがほとんど見られない。ただ、総じて肉薄く、後期銭であることを物語っている。存在は非常に多い。
小字降寶背元(最大様母銭) 【評価 珍】
外径23.4o。穴銭入門で言う特別に大きな母銭です。平成17年の銀座コインオークションに出品されたものです。
小字降寶背元(最大様子銭) 【評価 ?】
外径23.3o。本品は横浜貨幣研究会での落札品。小字背元降寶の通用銭としては最大サイズです。
ただ、全体に磨きがかかって真鍮色っぽいし、とにかく薄肉。面文は問題ないものの背の文字はややだらしない。焼け伸びの可能性も捨てきれないものの面文は問題なさそう。内径が上の母銭とほぼ同じというのも気になるが、どうもこの小字降寶は内径のバラつきがあるようで、新寛永通寶カタログには内径17.4oまであるという・・・これは母銭の内径と同じ・・・いったいどういうことか?贋作ではないが評価については諸賢のご意見をお聞きしたいところです。
小字降寶背元(大様)           【評価 3】
小字本体の直径のばらつきが少ないのに対し、降寶には稀に23o前後の大様銭がごく稀に見つかる。降寶は最後期銭であると思われ、非常に肉が薄くなる。ぱっとしないが隠れた珍品である。掲示品の外径は22.9o。

小字降寶背元               【評価 5】
降寶のほとんどが外径22o程度のもの。22.5oあればやや大振りで、22.7o以上は大様の部類である。掲示品は22.2o。

参考)俯尓背元
稟議銭とも贋造銭とも評価が一定しないものですが、銭譜を飾る有名品です。通頭小さく、尓とともに俯します。母銭作りです。

(平成15年銀座コインオークションカタログより)
寛永通寶打製背元六銭(赤銅質)
穴銭入門の第2版までは大銭類の項目に元文5年高津試鋳貨幣の可能性として掲載されていました。掲示品は平成17年の銀座コインオークションに出品されたもの。
かつて一度類品を見た事がありますが5円玉のような硬い真鍮質で、はたして打製でつくれたの・・・という印象でしたが、この品物はかなり柔らかい銅質のように見えました。
(平成17年銀座コインオークションカタログより)
寛永通寶打製背元六銭(真鍮質)
真鍮質のもの。麗真荘旧蔵品とのことですが、正しくは麗悳荘のことで、つまり昭和泉譜の平尾賛平氏旧蔵品だったようです。私がはじめて見たものはこいつでした。
大和文庫のホームページより)
細字背元無背(真鍮銭)
新寛永通寶図会原品です。真鍮質のもので京都商人が5文あるいは3文銭として通用させることを狙ってつくった稟議銭ということですが、推定の域を出ていません。古くから存在は知られているものですが、無背で許可が出たのか疑問と、手引きには記されています。大事なポイントは内径が母銭と同じ大きさであることだと聞いています。
大和文庫のホームページより)
※真鍮質の高津銭は安南寛永と間違えやすく、手を出すのがためらわれます。稟議銭であればそれなりの制作のはず・・・と思うのですが結構出来の甘いものが散見されます。ポイントの内径を良くお調べ下さい。
 
 
戻る 次のページへ